2014年05月08日

理研再審査せず

理化学研究所の調査委員会は、小保方晴子氏の論文について
再調査せずとの結論を発表しました。

再調査は小保方氏側から要求があったものですが、捏造と
改ざんという以前に出した結論は覆さず、今後は論文撤回
の勧告と小保方氏らの処分を検討するようです。



この問題で何かが引っかかっていたのですが、それが何なの
かようやくわかりました。

我々一般人は、STAP細胞の真偽のほどを知りたいのに、理研
の調査委員会はあくまでも論文執筆に関するルールのみを論
じている点です。

人類史上稀なる大きな発見かもしれないのに、STAP細胞の真偽
はどうでもいいという考え方に何か引っかかりを感じていたの
です。



本当にそれでいいのか。

学会の権威を守るのが大切か、人類科学の発展が大切なのか、わ
かっているのでしょうかね。

少なくとも税金を投入して研究費の一部に充てているのですから
国民は真偽のほどを知る権利があると思うのです。

いいえ、人類の発展のためにも、真偽のほどをうやむやにしては
この研究は100年遅れてしまうかもしれません。



面子を重んじるよりも実を取る。

そうしないと、成果なんて得られないと思うのですがね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 09:35| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする