2014年05月28日

高速道路の有料期間延長

改正道路関連法が可決され、高速道路の有料期間が15年
延長されて、2065年9月までとなりました。

本来、建設費を上回る料金収入になった場合には無料化
されるはずだっただけに、有料期間の延長は経済効果に
マイナス面も出そうです。



トラックによる物流が主となって以来、高速道路の料金
はさまざまな品物の価格に転嫁されて、物価を不要に
押し上げています。

また、観光業でもバス料金に転嫁されますので、どうし
ても割高なツアーになっています。



とはいえ、笹子トンネルの天井版崩落事故をきっかけに
古いインフラの補修が急がれるのも事実でしょう。

さらには、高速夜行バスの事故により、ガードレールの
隙間をなくす工事も継続中です。

今回の期間延長は、そういう意味で仕方がないのかもし
れませんね。



昔、トラックドライバーをしていたとき、高速道路なら
3時間ほどで行ける場所へ、半日以上かかって配達をし
ておりました。

勤務超過になる分は会社から残業代として支給されたの
ですが、高速道路が無料になれば、会社としても残業代
の支払いがほとんどなくなることでしょう。



無料になるのは、今の若者が老人になる頃ですから、ほぼ
無料化はなくなったと考えるべきでしょうね。

せめて、トラックや観光バスなどの青ナンバー車を半額に
するなどの措置は採れないものでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


posted by 子竜 螢 at 14:50| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。