2014年06月26日

電力の小売自由化

2年後をメドに、電力の小売自由化が実施される見通し
となりました。

これによって、これまで地域独占だった電力会社からの
購入でしたが、好きな電力会社を選べるようになります。



これまでも大企業などは自由化されていましたが、家庭
レベルにまで広がるため、既存の電力会社のほかにも、
新規参入業者が増えそうです。

なかには、既存のサービスとのパック商品を提供する会社
もでてきており、巨大な市場だけに加熱しそうですね。



問題となるのが、東京電力でしょうか。

原発事故への対応費用が料金に上乗せされているため、自由
化されますともっとも高い東京電力離れが起きそうです。

しかし、電力各社は発電量が不足するため、結局は東京電力
から購入して供給するしかなく、東京電力の値上がり分を各社
へ分散することになるのでしょう。

この法案の意図がようやく見えてきました。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


ラベル:電気料金
posted by 子竜 螢 at 09:08| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。