2014年07月15日

未熟な中国空軍

中国空軍の事故などによる死者が1747名にのぼりました。

航空自衛隊では考えられない人数ですね。そこのところを
検証してみましょう。



尖閣諸島の周辺や南シナ海で自衛隊機とニアミス状態にな
るのもしばしばですが、中国空軍の実力は、犠牲者の数字
となって表れております。

すなわち、機体性能の劣悪さに加えて、訓練不足が主な
原因です。

整備の技術もそれほど進んではいないのでしょう。



とすれば、空母の実用化は何十年も先の話となりそうです。

母艦のパイロットは、基地パイロットよりも何倍もの熟練
が必要なのは、日本が太平洋戦争で経験済みのことです。

いや、実戦で空母を運用したことのある国は日米英の三ヶ国
のみですから、戦術面と運用面での熟練も必要なのです。



というわけで、万一にも中国軍が尖閣諸島へ押し寄せてくる
こはないでしょう。

実力の差は中国軍が一番知っているはずなのです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%


ラベル:中国空軍
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。