2014年07月28日

文学賞突破マニュアルとは

どうしてもプロ作家になりたい。

そんな人のために子竜が二年がかりで制作したのが
文学賞突破マニュアルです。

http://shiryukei.com/toppa.index.html

小説を書いたことなどない人でも、短期間にプロ級の作品が書ける
ようになるほか、プロになっても困らないための仕組みを用意い
たしました。



プロになるためには、文学賞に受賞しなくてはならないと考えて
いませんか。

それは半分正解ですが、半分は違います。

文学賞という制度を利用するのはたしかなのですが、目的が違い
ますし、当マニュアルの方法のほうが簡単なのです。

しかも、プロになってからの売れ行きは断然上なんですね。



応募作品を書く上でもっとも配慮べきことは、おそらくあなたの
思惑とは違うでしょう。

子竜が実際に経験したからこそ断言できます。

文学賞の正体を知らずして、何度応募してもほぼ無駄です。入選
は宝くじに当たるよりも難しいのです。

なぜなら、優れた作品がない場合、該当作なしで終わるからです。
必ず誰かが当たる宝くじよりも難しい理由ですね。



文学賞に応募するとは何と戦うことなのか。

一流作家たちのいわゆる選考委員が相手ではありませんからね。

敵を知り己を知れば百戦危うからず、と孫子も言っております。
正しい相手を認識して、対応する作品を書きましょう。

そのための細かな文章テクニックと例文を豊富に掲載しました。

プロになりたい人には必須のアイテムだと思いますよ。

http://shiryukei.com/toppa.index.html
ラベル:文学賞
posted by 子竜 螢 at 07:23| Comment(2) | 作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする