2014年08月16日

架空請求がきました

久しぶりにバカな架空請求メールがきました。

しかも、一日に100通以上という大量ぶりです。

出会い系サイトで待ち合わせをした相手側からの訴え
により、子竜が待ち合わせ場所へ出向かなかったため
の交通費や日当を支払えとのこと。

合計で411万円だといいますから、頭が悪い証拠ですね。



これが5万円ほどであれば、支払う人がいるかもしれません。

が、そもそも、請求代理人が現存する債権回収会社の名を
語っているところが問題です。

株式会社が社名の頭に付いているのが現存する会社でして
当然、こういう悪事には加担しません。

しかも、なぜ知っているのか、法律事務所を名乗るところ
から、本件に対して救済しますとの通知も大量に。



もしも、あなたのところにも届いた場合、間違っても連絡
してはいけません。

相手はこちらのメールアドレスしか知りませんので。わざわ
ざこちらの身元を知らせてやるようなものです。



最近、こういう架空請求のほかにも、宅急便会社を名乗る
メールや銀行名での偽メールも増えてきました。

なんとか開封させようと必死なようですね。

こういうスパムメールへの対処も、何もしないのが一番です。

ご丁寧に出会い系サイトの登録抹消を申し出たりしますと
開封してくれる相手とみなされて、さらに大量のメールが
送られてきます。

気をつけましょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:架空請求
posted by 子竜 螢 at 15:41| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。