2014年08月18日

メイド・イン・ジャパンが中国から消える日

アメリカの経済雑誌フォーブスの中国語サイトで、
面白い記事が掲載されているそうです。

題して、「中国からメイド・イン・ジャパンが消え
たなら」



このところ、尖閣諸島をめぐる問題や歴史認識など
で衝突しがちな日中関係ですが、意外にも中国国民
はメイド・イン・ジャパンを愛用していて、国内製
品は信頼していないようです。

ことに食品関係は顕著でして、国内製品には何が
混入しているかわからないという不安があるので
しょう。



一方、家電品などでも日本の製品への信頼度は高く、
経済制裁を実施してメイド・イン・ジャパンが消え
たなら、中国のほうがダメージ大だと報じています。

日本のダメージが8とすれば、中国は30だそうです。



以前から、中国は戦争のできない国、と申し上げて
きた理由のひとつでもあります。

本格的な戦いとなる前に暴動が発生します。それほ
ど日本製品が浸透している現代中国は、選択の余地
がないほどなのです。

それとも、ウォン高韓国からの輸入に切り替えて、
日本製よりも高いものを買うのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 08:17| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする