2014年08月29日

安倍総裁と石破幹事長

9月3日に内閣改造と自民党役員の入れ替えが発表され
てから数日を経ました。

その間、石破幹事長の処遇をめぐって、あれこれと報道
されているのですが、どうにもわかりにくい。

しかし、国会では圧倒的多数を占める自民党ですが、内
部では何かが起こっているのでしょう。



前回の総裁選挙では地方票の多くを集めた石破幹事長を
安倍総裁はもちろん無視できません。

今回の内閣改造で安全保障の担当大臣への就任を打診し
たところ、色よい返事がなかったために混乱気味の党内
情勢となっています。



安全保障は石破幹事長の専門分野なのに、なぜ就任を
許諾しなかったかといえば、安全保障に対する両者の
違憲が食い違っているからです。

端的にいいますと、集団的自衛権を重視している安倍
総裁に対して、石破幹事長は尖閣などで発生している
軍事でも民事でもないグレーゾーンの衝突に関する
法案整備こそ重要だと考えている。



そして、幹事長から一担当大臣では降格人事に等しい
ため、石破氏の周辺では来年の総裁選挙に全力を挙げ
ようと無役でもいいという姿勢を打ち出し始めました。

でも、石破氏当人からのコメントは意外なほどに少なく
嵐の前の静けさといった感じがしないでもない。



自民党内部で何かが起きている。

それは間違いありません。一週間後には答えが出ている
でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:自由民主党
posted by 子竜 螢 at 11:55| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする