2014年09月04日

吉田清治と植村記者

従軍慰安婦という言葉は、問題にされてから作られた
言葉であって、戦争当時からあったのではありません。

朝日新聞による新造語とでもいいましょうか。



朝日新聞の植村記者が、吉田清治なる人物から慰安婦を
集めて前線へ送った経緯の説明を受けたとき、植村記者
は女子挺身隊員と混同してしまいました。

後に、間違った記事を書いてしまったと悔やんでいるの
ですが、朝日新聞はなぜか訂正記事も出さないし、軍関
係者への謝罪もないまま、現在に至っております。



吉田という人物の小遣い欲しさの面白ネタが、国家外交
まで左右するほどの大きな事件へと発展してしまった背
景には、後へは引けないという朝日新聞側のかたくなな
態度でしょう。

なぜ引けないかといえば、軍関係者への名誉毀損が成立
してしまうからであり、対象人数の多さからしますと、
社の存続が難しいほどの賠償請求を覚悟しなくてはなり
ません。



また、嘘の記事をずっと正当化して国益まで損ねてきた
となりますと、不買運動や広告掲載の引き上げなど、そ
れだけでも致命的なダメージに繋がる恐れがあります。

今、朝日新聞を購読している人は、どのような方なので
しょうか。きっと、かなり左寄りなのでしょうね。

しかし、戦時中の朝日新聞を知らないのだと思います。
どの新聞社よりも国威掲揚に務め、日本軍の戦果を大々
的に報じてきたものでした。

社のマークをみれば、一目瞭然ですね。旭日旗そのもの
ではないですか。



かといって、朝日新聞を攻撃したいのではありません。

責任あるメディアとして、謝罪すべきところはしてほしい
だけです。

そして、旧軍人たちによる朝日新聞への集団訴訟も謝罪
によって取り下げられたなら、従軍慰安婦の国内における
問題は解決するでしょう。

もちろん、朝日新聞の謝罪によって、韓国がどう変化する
ものかわかりませんが、少なくとも、これまでのような
強硬な態度ではいられないと思います。

社のメンツよりも、大切なことってあると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:従軍慰安婦
posted by 子竜 螢 at 09:44| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする