2014年09月10日

立待月

一昨日から月がきれいですね。

今年の中秋の名月は早く訪れたこともあって、寒い
思いをせずに観賞できました。

天候もよくて、味わい深い夜が続いています。



ところで、中秋の名月三日目の今夜には、立待月という
名称が付いています。ご存知でしょうか。

旧暦の8月15日が中秋の名月で、十五夜とか望月などと
も呼ばれます。

次の晩は十六夜で、いざよい、と呼びますね。昨夜です。
立待月は、たちまちのつき、と呼びまして、名称は明後日
まで定められているのです。

すなわち、明日の晩は居待月。明後日の晩は寝待月です。
いまちのつき、ねまちのつき、と読みます。



これらの名称は、月の出が次第に遅くなってゆくことを
表現しておりまして、立って待っている、居(座って)て
待つ、寝て待つという意味です。

日本独自の美しい表現ですよね。

うさぎも喜んでいることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:26| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする