2014年09月18日

韓国施設のひどい現状

アジア大会が韓国にて開催されますが、サッカーはすでに
14日から始まっておりまして、日本はクェートに勝利し
ました。

しかし、U-22日本代表のメンバーらは、施設のひどさに
唖然としているという。



日本チームに割り当てられた宿泊施設は、大会後に売却予定
の30階建て新築マンションです。

ところが、エレベーターが故障している。浴槽の排水が詰まっ
ていて、シャワーも出たり出なかったり。

おまけに、エアコンがなくて扇風機。



そもそも、練習場として提供されている施設には、ロッカー
ルームもシャワー施設もない。

選手たちは、汗まみれのまま宿舎へ戻ったといいます。



当然、韓国代表の宿舎は快適なのでしょう。

サッカーの大会ごとに審判を買収したり、こういう嫌がらせを
するのが常套手段ですからね。今更驚きはしませんが、あまり
に露骨では国際的な信用を失ってしまうでしょう。

それとも、経済の失墜から、まともな宿舎や練習場が用意でき
なかったのでしょうか。

他の国の施設は報道されていませんのでわかりませんが、日本
にだけは絶対に負けたくないという韓国の奇妙な意地を感じま
した。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:アジア大会
posted by 子竜 螢 at 13:50| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。