2014年10月11日

戦争を誤解している日本人

集団的自衛権の問題がどう決着したのか。

結局は制約を二重三重にして、個別的自衛権とそう
違わないところで今のところ落ち着いているようです。



それよりも注視すべきは、こういう問題が出てくる度
に、日本が戦争へと向かっている、という考えを抱く
人たちがいることです。

そういう人たちは、戦争というものを誤解していますね。

優れた兵器と戦闘意欲があるからといって、戦争に及ぶ
なんてことは絶対にありません。

なぜなら、戦争とはあくまでも国際問題解決の手段であって、
戦うことそのものが目的ではないからです。



戦争に及ぶには、多大な犠牲と莫大な費用を必要とします。

それに見合った価値のない戦いなど、挑めるものではありま
せんから、専守防衛の姿勢が崩れることは絶対にないでしょう。

仮に、近隣諸国への侵略戦争を開始するとしてですが、魅力
ある場所があるでしょうか。

半島? またあの人たちの面倒を見るのはコリゴリですよね。

大陸? 旧日本軍でさえも相手を降伏へと追い込めませんで
した。自衛隊の人数で可能とは思えませんね。

北方? ロシアには返り討ちにされます。

南方? 相手の降伏占領は可能でしょうけれど、インフラの
整備などに莫大な税金の投入が必要な上に、国際社会から
反発を食らって、結局は世界中を相手の戦争へと発展します。



というわけで、日本のほうから戦争を仕掛けたとしても、何
の益もなく、日本の財政が一気に破綻するだけです。

すぐに侵略主義の復活だの、軍事国家への転換だのと騒ぐ前
に、戦争なんてできるものかどうか、分析してみるべきです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 12:18| Comment(3) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

ノーベル文学賞

昨晩の発表で、落胆した人もいれば最初から選外だろうと
予想していた人もいたようですね。

村上春樹氏はまたしてもノーベル文学賞には選ばれません
でした。



ノーベル賞の中で文学賞だけが唯一異質なものです。他賞
はすべて人類への貢献度が評価されるのに対して、文学賞
のみ作者の資質や文学性が重視されているようです。

その理由は、ダイナマイトを発明したノーベル氏が、若い
頃に文学青年であったことや、自らも小説を欠いていたか
らだと伝えられています。



毎年ブックメーカーなどでは上位にランクされながら、選外
とされております村上春樹氏ですが、「ノルウェーの森」以
降から作風が変じたこともあって、一般からの評価も賛否が
二分されているようです。

これまでノーベル文学賞を受賞した日本人作家は川端康成氏
と大江健三郎氏のふたりだけ。

そのお二人の作品と村上氏の作品とは、どこか異質だろうと
感じるのですが、選考基準が公表されておりませんので毎回
選外になる理由は謎のままです。

村上氏が受賞する年は来るのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:27| Comment(0) | 小説 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

皆既月食

昨晩の皆既月食は、天候にも恵まれてほぼ全国で観測
できたろうと思います。

こういう神秘的な現象を目の当たりにしますと、地球
というかけがえのない場所でいきているのだあ、と改
めて実感されられますね。



地球以外に友達となれる存在はいないのに、なぜ争い
が絶えないのでしょうか。

いつの時代でも地球のどこかで戦闘行為が行なわれて
います。縁があって同時代に生きている者同士なので
すから、助け合ってゆけばいいのです。

なのに、戦争ばかりじゃなく、自分さえよければいい
という詐欺行為をはたらく人も後を絶ちませんね。



昔、月食や日食は悪い前兆として考えられていました。

が、天文学が発達して発生する理由が明確になった現在
恐れることはなにもなく、むしろ、自分を見つめなおす
よい機会でしょう。

宇宙というものを意識したとき、どんな悩みでも些細な
ことでしかありません。

宇宙は膨張と収縮を繰り返し、ビッグバーンによって生ま
れ変るとされております。つまり永遠なのですね。

久しぶりの感慨深い夜でした。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:皆既月食
posted by 子竜 螢 at 14:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

三人受賞の快挙

今年のノーベル物理学賞に、日本人学者三名が選ばれ
ましたね。

オリンピックの表彰台に例えるなら、金銀銅の独占快挙
に等しいものです。



調べてみないとわかりませんが、おそらく、日本人が
三人も受賞したのは初めてではないでしょうか。

ただし、中村教授はアメリカ国籍を取得しているため、
アメリカ人との報道を米国紙では伝えているようです。

日本は二重国籍を認めていないため、アメリカ国籍を
取得した時点で日本国籍から離れることになっていま
すが、そんな枝葉末節にこだわるあたりが、今回の
快挙の凄さを物語っているのでしょう。



受賞者の一人が、若い研究者たちにこう言いました。

流行に惑わされることなく、やりたい研究をしなさい、と。

名言だと思います。みんなが同じ方向を向いてしまった
なら、科学の発展はストップしてしまいますよね。

肝に銘じておきましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:39| Comment(2) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

わかりにくい避難誘導

最近日本では大きな災害が連続発生しています。

広島の豪雨による地すべりや御嶽山の噴火。そして
台風による被害です。

昨日の台風では、富山県内でも休みになった小中学校
がありました。電車も止まったりしまして、他人事で
はなくなっています。



ところで、自治体が発する避難誘導についてですが、
出されるタイミングの悪さもさることながら、用語が
わかりにくいという点があります。

避難指示と避難勧告。

どちらが真の緊急時なのでしょう。わかりますか。

正解は避難指示なのですが、逆に捉えている人も多い
ようで、まだまだ周知がされておりません。



いや、そもそも、いくつもの段階があるから誤解され
るのであって、避難命令というひとつだけのほうがわ
かりやすいと思いませんか。

程度に段階がありますと、しょっちゅう聞いているよう
な気がして、逆効果です。

狼少年の逸話は、そういうことを戒めているのではな
いのでしょうか。



命令というと住民に対して強く当たる感じがしますが
だからこそ緊急なのだと伝えられます。従わなくて被災
した人には何も支援はしないぞ、くらい強くありません
と、逃げる人は限られてしまうのです。

災害を人工的に止められない以上は、せめて知恵にて
対処すべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:23| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

北朝鮮に政変あり

北朝鮮に関する驚きのニュースです。

イギリスのデイリーメール誌によりますと、金正恩第一
書記が実験を失い、国家運営は朝鮮労働党の指導部が
行なっているらしい。



先月には平壌が閉鎖されて、政府高官の出入りがそれ以後
禁止されていることなどから、憶測ではなく信憑性の高い
情報でしょう。

加えて、金正恩氏が人民代表会議にも姿を見せなかったこ
とで、何かが起きているのは間違いありません。通風だけ
なら、痛み止めの薬や注射でどうにでもなるものですからね。



もしもそうなりますと、せっかく解決の糸口までたどり着い
た拉致問題が、振り出しに戻ってしまう懸念があります。

現在、表面的には穏やかではありますが、このまま済むとも
思えません。

もしかしたなら、張成沢氏が処刑された日に合わせて。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 10:13| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

ノーベル平和賞の意外な候補予想

今年のノーベル平和賞の候補に、意外なものが挙げられて
います。人物ではありません。

予想しているのはオスロにある平和研究所で、この研究所
の予想はこれまで2007年の一度しか当たってはいないので
すが、候補が日本国憲法第九条だといいますから、日本人
としては意外に感じたわけです。



いや、たしかに戦争の放棄は謳っています。が、集団的自
衛権の論争が起きたように、いかようにでも解釈できる憲法
だということが、意外感につながっています。

仮に、本当に受賞した場合には、誰が授賞式に臨むのでしょ
うか。まさか、これまでの政府見解を無視して憲法解釈を
変えようとしている安倍総理だとすると、これほどの皮肉は
ありますまい。



といっても、集団的自衛権に反対しているわけではありませ
んよ。場合によっては必要となるかもしれませんし、国内の
米軍基地が攻撃されているのに、指をくわえて見ているだけ
ではいけないでしょう。

要は、改憲の動議を出さずに進めてしまったこと。

せっかく国民投票法案までできているのですから、安倍政権は
なぜ改憲動議を出さないのでしょうか。

それで否決されたなら、賛成派でも従うまでのことです。

集団的自衛権の行使は必要悪と認めながらも、戦争をしたい
わけじゃないのです。



このような現状でなぜ第九条が有力候補として予想されたのか。

イグ・ノーベル賞の候補としてなら、わからないでもないかも
しれませんが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:34| Comment(3) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

スネップの実態

35歳までの無職人をニートと呼びますが、SNEPは59歳まで
の働き盛りの人なのに無職の人を意味します。

そして、無職であるばかりではなく、独身で孤独に暮らす
引き篭もり的な要素も含みますので、ニートがそのまま高齢
化したのとはちょっと違います。



しかし、政府の調査では全国に162万人もいるといわれ、こ
のうちの2割程度しか生活保護を受けていないという。

後の人は、親族がなんとか面倒を見ているようでして、それ
とて永久に続けられるものではなく、社会の暗部としてクロ
ーズアップされてきました。

最近では、とくに女性のスネップが増えているという。

離婚や何かの理由での退職をきっかけに、スネップ化してい
るのでしょう。



当然、仕事をしていないのですから経済的には苦しいと思う。

だからといって、ボランティアなどの助けをしていいのかどう
か迷うところです。本当に本人のためになるのかという疑問が
あるからですね。



こうした人たちを可哀想という人もいます。心の病気として
捉えますと、ただの怠け者とは違うからでしょう。

その一方で、甘えているという批判もあります。

自力で頑張っている人にはそう見えるでしょうね。



いずれにしても、中都市3つ分の人口がスネップですので
大変なことです。

政府も効果的な対策がないことから、ボランティアに頼る
始末ですので、ますます増えぎみのスネップには社会の一員
として無視できない状況がやがては訪れるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:SNEP
posted by 子竜 螢 at 13:05| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

神谷百合とは何者か

このところ、神谷百合という名前でスパムメールが届く
ようになりました。

ほぼ2分に1通という猛烈なスパムぶりです。



それ以前には、石原とみという名前でしたが、多額の
資産譲渡をしたいというから、いったい何だろうと。

まあ、間違いなく手数料だとか何だとか言って、何万円
ずつ収めさせ、挙句の果てには資産譲渡などしてくれる
はずもないのでしょう。

そんなことはわかりきっていて、今更引っかかる人など
いないでしょうに、メールの発信人の知能程度を疑いた
くなるというものです。



それにしても、2分に1通とは凄い。それが連日なのです
から、迷惑メール設定をしても、また別のアドレスから
送られてきます。

毎日未読メールが何百通も表示されますが、神谷百合を
削除しますと、わずか30通あまりという凄さ。

もちろん、無視するのが最良の対処でして、下手に抗議
したりしますと、ちゃんとメールを見ている奴と考えて
また別の名前で送ってくるでしょう。



こういうスパムメールを助長しているのが、ネット上から
無差別にアドレスを拾ってくるツールの販売者や、アドレ
スリストを販売している闇の業者たち。

自分さえ儲かれば他人の迷惑など考えてなどいませんから
始末に終えません。

各通信会社は、ネット料金をもっと安くする代わりに、メ
ールの1通1通に電話料金のような課金をすればいいのに、
と思ってしまいます。

あなたのところは大丈夫でしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:スパムメール
posted by 子竜 螢 at 07:31| Comment(2) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

消費税アンケートのおかしな面

このままでは、ちょうど1年後に消費税の再増税が実施
されます。

新聞各紙の世論調査では、おおむね6割が反対している
といいますが、設問の仕方がおかしいと思います。

なぜなら、設問の仕方によって、賛否がわかれてしまう
からですね。



例を掲げてみましょう。

消費税の再増税に、あなたは賛成ですか反対ですか。

こう問われたなら、9割は反対票を投じると思います。

しかし、設問の仕方をちょっと変えるだけで、結果は大
きく違ったものとなってしまうのです。

消費税はさらに少子化になる将来を見据えた社会保障の
財源として再増税が検討されておりますが、あなたは再
増税に賛成ですか反対ですか。

こんなふうな問いですと、おそらく40代以上の人は賛成
やどちらかといえば賛成に回ってしまうでしょう。



こうした設問のトリックは、年金制度の見直し案などと
セットで設問していないからトリックといわれる所以です。

いや、トリックはもうひとつ潜んでいるのです。

選択肢の中に、なぜか減税や消費税の廃止が含まれており
ませんよね。

消費税を撤廃して、高額なぜいたく品にのみ課税する物品
税を復活させるほうが、よほど経済にとってプラスに働く
という発想がないというよりも、是が非でも再増税しよう
という設問意図が丸見えになっています。



輸出品の分が海外では非課税なことから、大企業は消費税
の戻し利益を受けています。

税率が高くなるほど利益が増大しますので、大企業は増税
に賛成しています。

つまり、国内での需要など、もはやどうでもいいと考えて
いるのでしょう。

そろそろ安倍総理の判断が下されそうな時期ですが、再増税
はどうなるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 09:52| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

日本のお土産にランドセル

いま、外国人旅行者の間で、日本のお土産品として
ランドセルが人気になっているという。

ランドセルといえば小学生のアイテムですが、なぜ
外国人に人気なのでしょうか。



アメリカの有名女優も日本のお土産に買ったという
ランドセル。

そして、もっとも人数の多い中国人観光客のお目当て
もランドセルの購入が上位に浮上してきたといいます。

人気の秘密を尋ねてみたところ、日本のアニメによく
登場するからで、背負う形のデイバックとはまた違っ
た魅力があるのだという。



さらに近年は、黒と赤しかなかったのに、カラフルな
ものが出回りはじめました。ピンクやブルーなど、選
べるようになってきましたね。

肝心の日本の小学生たちは、ランドセルの魅力を感じて
いるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ランドセル
posted by 子竜 螢 at 11:22| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする