2014年10月09日

皆既月食

昨晩の皆既月食は、天候にも恵まれてほぼ全国で観測
できたろうと思います。

こういう神秘的な現象を目の当たりにしますと、地球
というかけがえのない場所でいきているのだあ、と改
めて実感されられますね。



地球以外に友達となれる存在はいないのに、なぜ争い
が絶えないのでしょうか。

いつの時代でも地球のどこかで戦闘行為が行なわれて
います。縁があって同時代に生きている者同士なので
すから、助け合ってゆけばいいのです。

なのに、戦争ばかりじゃなく、自分さえよければいい
という詐欺行為をはたらく人も後を絶ちませんね。



昔、月食や日食は悪い前兆として考えられていました。

が、天文学が発達して発生する理由が明確になった現在
恐れることはなにもなく、むしろ、自分を見つめなおす
よい機会でしょう。

宇宙というものを意識したとき、どんな悩みでも些細な
ことでしかありません。

宇宙は膨張と収縮を繰り返し、ビッグバーンによって生ま
れ変るとされております。つまり永遠なのですね。

久しぶりの感慨深い夜でした。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:皆既月食
posted by 子竜 螢 at 14:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする