2014年10月16日

やっぱりあった

ニューヨークタイムズから驚きのニュースが入りました。

なんと、フセイン政権時代のイラクに貯蔵されていた化学
兵器の弾頭およそ5000発が発見されたという。



発見されたのはイペリットガスやサリンなど。

発見した兵士や回収にあたった兵士がガスにやられて負傷
したとも報じている。

これに対して、イラク戦争を正当化できるはずのアメリカ
政府は、是とも非とも示しておりませんが、その理由につ
いてもニューヨークタイムズは報じています。

発見された化学兵器のほとんどが、欧米製だったから。



ともかく、やっぱりありました。クルド人にサリンを使った
ことは間違いなかったので、どこかには貯蔵されているはず
でした。

しかし、ほとんどが欧米製とはどういうことなのでしょうか。



ずっと以前からイランと対立していたアメリカは、イランと
国境を接していながら仲の悪いイラクに軍事支援をしていた
時代がありました。

イラン・イラク戦争では、アメリカとイラクが蜜月の状態で
あったわけです。

発見され弾頭すべてが腐食していたことからも、相当古いも
のだったことは間違いありません。

名目なきイラク戦争に加担したとされていた日本の評価は、
このニュースでどう変るのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:44| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする