2014年10月19日

学園祭のあり方

秋はとりわけ行事が多いものなのですが、やはり目玉は
学園祭でしょうか。

それも、サークルのみの参加でしかない大学の学園祭よ
りも、全員参加の高校のほうが盛り上がっています。



子竜は商業高校の卒業なのですが、学園祭の演出には苦労
した記憶があります。

なぜなら、工業高校ですと作品を提示したりできますが、
商業というものは見せるものなどないわけです。

普通科高校ですと、もっと苦労したかもしれませんね。



最近、大学の学園祭も含めてですが、模擬店が減ってきま
した。とくに食べ物の模擬店が少なくなりましたね。

食中毒や毒物混入事件などの影響があるのでしょうか。



ともあれ、学校独自の特色を出すのは容易ではありません。

教師の方々も過激だからと反対ばかりするのではなく、学生
の自主性と責任感に任せてみてはどうでしょうか。

一般人が立ち寄れる唯一の機会なのですから、特色を生かして
盛り上げていただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:学園祭
posted by 子竜 螢 at 16:26| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする