2014年10月24日

再増税見送り論

安倍内閣の目玉でした女性閣僚5人のうち、早くも2人が
姿を消すなど、政権運営の難しさが伝わってきます。

それが原因かどうかは定かではないのですが、閣僚の中
からも消費税の再増税を延期すべきとの声が上がってきま
した。



しかし、2020年までに国家収支を黒字にするという公約
を掲げてきた安倍政権としては、予定通り来年10月には
10パーセントへの増税に踏み切りたいのが本音でしょう。

増税論者は、増税を延期したり凍結すると国債が暴落して
金利が上昇し、国家支出の大半を利払いにあてなくてはな
らなくなるとしています。

でも、本当にそうでしょうか。



日本の国際は、ほとんどが日銀や金融関連起業によって
買い支えられています。個人や外国人による購入はほんの
数パーセントでしかなく、再増税の見送りによって金利が
上昇するリスクなんてほとんどありません。

いや、リスクどころか、景気回復につながるものとして、
株価の上昇を招き、税収の自然増のほうが多くなる可能性
だってあるのです。



いっそ、消費税そのものを撤廃してぜいたく品のみに課税
する物品税を復活させてはどうか、とは当ブログで何度も
述べてきました主張です。

消費税で軽減税率を適用する品目を選ぶよりも、物品税の
品目選びのほうがわかりやすく簡易でしょう。

消費増税ごとに景気が悪化してきた事実と、そもそも滞納
の多い制度なのですから、早くやめたほうがいい。



仮に、外国の高級車を買おうとしている人が、消費税では
なく物品税の復活によって事実上の値上げとなったところで
そんなに痛くはないだろうし、むしろそういう高級車に乗る
ステータスを満喫できるというものです。

ますます庶民の手に届かなくなるからこそのステータスですね。

そういう政党がないのは、いささか残念なところです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 15:53| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。