2014年10月31日

カジノ法案はどうなるのか

今国会での目玉となる審議は、労働者派遣法の改正案と
カジノ法案でしょうか。

閣僚たちの不祥事で審議は停滞ぎみではありますが、誤
報などもあったことから、とくにカジノ法案の行く末が
気になります。



カジノ法案の骨子が報道された当初、利用者は外国人に
限定するというものでした。

ところが、わずか3日後には日本人も利用可と訂正され
まして、何が何だかよくわからない感じになっています。

つまり、推進派の議員さんたちの間でも意見が分かれて
いるということなのでしょう。



税収はほしいが破産者が大量に出ても困るから、外国人
だけにして様子を見よう。

いや、そんなのじゃ国民の理解が得られないから、日本
人も遊べるようにしないと論外だ。



ギャンブルの結果は自己責任ですが、依存症の人もいる
わけでして、単純に外国人とか日本人という振り分け方
でいいはずはないでしょう。

生活保護受給者の入場を完全に阻止できるかという点も
大きな社会問題になりそうですよね。



ならば、法案とは別の意味でのカジノを創設するほうが
いいのではないでしょうか。

カジノを特定の都市に置くのではなく、政府所有の豪華
客船の中にのみ設置する。

そして、毎年2回ほど世界一周の旅と称する企画を用いて
その間だけの利用を許可する。

そうすれば、お金に余裕のない人には参加できません。
もちろん、生活保護受給者が紛れ込むこともありません。

いかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 12:22| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする