2014年11月30日

消費税収でもっとも問題なこと

ほんのひと月前のこと、消費税10パーセントへの増税を
めぐって是非が交わされていた折に、やっぱりね、とい
う意見が出ていました。

それは、法人税の軽減策です。



なぜか消費増税が論議される度に出てくる法人減税とは
いったい何なのでしょうか。

しかも、税収でいいますと、まるで計ったようにほぼ同額
なのですから、消費増税を社会福祉の充実に充てるなんて
嘘だとわかります。



いいえ、それだけじゃありませんね。

消費税の滞納額を見ておりますと、増税した分には届かな
いまでも、かなりの額が未納のままなのです。

つまり、ちゃんと収める企業や事業所ばかりなら増税する
必要性は希薄だったわけでして、収めるつもりのない企業
などからすれば、払った分と入った分の差額が実質の利益
みたいなものですし、収めるまでは運転資金に活用できま
すから、増税に賛成するわけなのです。



そして、2017年春には必ず10パーセントになりそうな風潮
の中で公明党が打ち出した軽減税率の導入にも、そのまま
賛成できるものではありません。

なぜなら、食品や医療費を現行の8パーセントに据え置くだ
けであって、欧米のような軽減税率とはかけ離れすぎてい
るからです。

欧米では、食料や医療など、生活にもっとも深くかかわるも
のへの消費税に相当する税率は、ほぼゼロなのです。



今度の総選挙で消費税が争点になるのかどうか。

すべての国民にいまも直接かかわる争点だけに、消費税の扱い
を重視したいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 14:49| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

アギーレジャパンがピンチに

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ氏が、バレンシア
裁判所へ告訴されました。

スペインリーグの監督時代に八百長に加担した疑惑がある
というものです。



日本代表は、1月から始まるアジア杯の予選で今がもっとも
大切な時期です。

欧州組のコンディション視察やJリーグの若手発掘など、監
督としての仕事が山ほどある時期なのです。

しかし、八百長疑惑はかかわっていた選手たちの自白などに
よってほぼ有罪が濃厚ですし、仮に懲役を免れたとしても、
対外試合に参加できない長期の謹慎処分をFIFAから受けるの
は間違いないでしょう。

つまり、次回のワールドカップ予選も含めて、このままでは
監督不在のまま臨まねばならないということです。



ところが、日本のサッカー協会では、監督の代替人事に触れる
コメントは発表しておりません。

というか、アギーレ監督の八百長疑惑に関して口をつぐんでい
るような状態なのです。

もっとも、ザッケローニ氏の退任後、日本代表の監督を引き受
けてくれそうな人物がほとんどいなかったこともあるのですが
ならば、せめて日本人監督を準備しておく必要はあるでしょう。



ともあれ、大変なことになりました。

ひょっとすると、次のワールドカップには出場できないかもし
れません。ベッカムさん、監督を引き受けていただけませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:09| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

中国ネットユーザーの反応

小笠原諸島沖のサンゴ密漁事件で中国人船長が逮捕された
ことに関しまして、中国のネットユーザーはさまざまな反
応を見せております。

最も多いのは2つですが、読み方によっては意外でも何でも
なく、むしろ中国人らしさが漂っております。



もっとも多かった反応のふたつとは、なぜ射殺しなかったの
か、という疑問と、船ごと撃沈してしまえ、という過激なも
のでした。

一見、日本の味方をして悪行を許さない意見に思えるのです
が、そうではありません。

中国人の多くは内陸部で暮らしており、特殊な戸籍制度によっ
て誰でも漁師になれるわけではないのです。

したがって、射殺しろだの撃沈してしまえという意見には、
強烈な嫉妬心が含んでいるものと思われます。



ならば、海上保安庁は今後遠慮なく密漁船を撃沈すればいい。

巡視船に装備されている機関砲は伊達ではありますまい。せめ
てカバーを取り外して砲口を相手に向けるくらいの威嚇はすべ
きでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:サンゴ密漁
posted by 子竜 螢 at 12:51| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

総選挙の結果を予想する

半月後に控えた総選挙を子竜なりに結果予想してみます。

予想結果は、ネット上のさまざまな意見の集約と個人的
な意見との総合判断ですので、当たらなかったらゴメン
ですからね。あらかじめ申しておきます。



消費増税に物価高。庶民の自民党支持は確実に減ったで
しょう。

一方、野党といえば、みんなの党の解散や橋下・松井両
氏の不出馬によって、野党編成につながる人物がいない
ことから、支持が高まったとはいえません。

こうしてみますと、どの政党へ投票してよいものか、悩
ましいのが現状ではないでしょうか。



となると、投票率が過去最低になる可能性が高く、投票
日の天候次第では与野党どちらにも大きく揺れるかもし
れませんね。

ネット上では、自民党の惨敗こそありませんでしたが、
議席数を多く減らすのは間違いないようです。

そうしますと、必然的に野党の議席が増えるのですが、
大きく増えるのは共産党のみで、他は微増といったとこ
ろではなでしょうか。

もっとも、民主党もやや減るだろうと予想している人は
多く、信頼回復はまだまだ先のようです。



総合しますと、与野党の勢力図は今とさほど変わらない
と思われ、選挙すること自体に意味があるとは思えない
結果になるかもしれませんね。

半月の間に何かが起きるか。

起きれば決定的な判断材料となりそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院選挙
posted by 子竜 螢 at 11:26| Comment(2) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

賛否両論の100万円

ある高校で、難関の大学入試に合格したなら100万円の
報奨金がもらえると報道されましたね。

それを受けて、ネット上では賛否両論が噴出しています。



東大合格には、さすがに「ドラゴン桜」でも報奨金を出す
とまではやりませんでしたが、祝い金とか奨学金といった
性質ならば理解できないでもないのですが。。。

ただ、向学心を煽るのに多額の現金はどうかと思いました。
18歳に100万円ってどうなのでしょうね。

そんな金額を払うつもりなら、月々の授業料を安くしてほ
しいとの声が聞こえてきそうです。



まあ、部外者があれこれ言うべき話題ではないのかもしれ
ませんが、お金にならないことはやらない人間だけは育成
してほしくありませんからね。

そういう生徒が出てこないよう、ちゃんと指導する態勢も
重要ですよね。



しかし、そうまでして難関校への進学率を高めたい背景には
やはり少子化の影響があるのでしょう。

生徒数の確保は、今や私立校の急務となりつつあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:合格祝い金
posted by 子竜 螢 at 16:09| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

還暦

本日、満60歳を迎えました。還暦です。

12支10干が誕生時に戻るから還暦と呼ばれていますので
無垢な赤ん坊になった気分で以後過ごしたいと思います。



50代最後の昨夜、ちょっと寂しい気持ちになりました。

やはり60代というと、おじいちゃんというイメージがあ
りますからね。これからは可愛いおじいちゃんを目指し
ましょうかね。



とは言いつつ、まだまだ若いモンには負けられません。

これからもバリバリ小説を書きますよ。生徒さんたちも
ビシビシ鍛えてゆきます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:還暦
posted by 子竜 螢 at 08:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

勤労感謝の日

小学生の頃、勤労感謝の日について、先生からこんなふうに
教えられたことを覚えています。

お百姓さんが働いてくれるから、みんながお米を食べられる
のですよ、って。



それには異論はありませんが、老齢の域になった今では、少し
違う解釈をするようになりました。

働いているひとに感謝する日ではなく、働けることに感謝する
日なのではないか、と。



正社員、派遣、パート、アルバイトなどなど、働く方は多様化
しています。が、働かないことには収入が得られませんから、
働き場所があることはとてもすばらしいことなのです。

先日、ある用事で職業安定所へ行きましたら、20代や30代の人
よりも中高年が多いのには驚きました。

もちろん、事情はさまざまなのでしょうけれど、職を求めてい
る人の中で、若者はすぐに採用されますが中高年には難しさが
あるのでしょう。

全体としてみれば、求人倍率は1を上回っているのに、年齢と
いう壁はどうしようもないのでしょうかね。

建前としては、60歳くらいまで、と謳っている求人でも、実際
に50代後半の人は面接にすら至らないケースもあるとか。



しかし、その一方で、中高年を積極的に採用している企業もある
と伺いました。責任感と忍耐力では若者より優る点が買われてい
るといいます。

また、営業職ですとある程度の年齢を重ねないと売れない商品も
あるようで、住宅や車などの高級品がそうだといいます。

何歳になっても働けるのは本当にすばらしいことですよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:勤労感謝の日
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

アベノミクスは失敗だったのか

来月の衆議院選挙は、アベノミクスの成否が問われそうです。

安倍総理もそう述べているのですから、間違いありません。

ですが、何をもって成功なのか失敗なのか、よくわからない
ですよね。



ひとつだけ確実に言えることは、円安と株高になった点でしょ
うか。株式を多く保有している富裕層にはよい結果でした。

しかし、株式を保有できない層にとっては、円安のせいで物価
が上がっただけの厳しいものでした。

その上に、消費増税でしたから、GDPが連続でマイナスになる
のはむしろ当然でしょうね。



かといって、自公勢力に代わる政党がないのも庶民にとっては
歯がゆい感じがするでしょう。

かつての民主党政権のように、寄せ集めの見せ掛けだけの政党
であっては、長期政権など望めません。

二大政党政治がいいかどうかは別として、野党が躍進しません
と、ますます格差は広がるでしょう。

とにかく、自公勢力が圧倒的に強い中での降って湧いたような
衆議院選挙ですので、一票は後悔しないよう投票したいもので
すね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:29| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

グラッときました

長野県で大きな地震がありました。震度6弱だったといい
ますから、相当な揺れですね。

富山県でも震度3.近頃にない激しいものでした。



この地震は東日本大震災のひずみから生じたらしく、静岡
と糸魚川との間に走る断層にズレが生じたものだといいます。

被災地では停電や断水が発生して不自由かと思います。寒さ
にも負けずに、復旧まで頑張ってください。



一週間ほどは余震が続きますし、来週からは天候も崩れます。
落ち着いて行動しましょう。

また笑える日が、きっと来ますからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:地震
posted by 子竜 螢 at 23:15| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

残忍犯罪の多発理由

嫌な幹事の事件発生が続きましたね。

子供への虐待に青酸化合物による連続殺人の疑いなど
人間の心を持っている人には絶対にできないことばか
りです。



虐待されていた長女は、ろくに食事も与えられず、ロー
ソクやアルミ箔を食べて空腹感を癒していたとか。

また、京都の女性は、結婚や交際の相手が早くて数ヶ月
の間に6人も死亡している不自然さに加えて、今回は死体
から青酸化合物が検出されての逮捕となりました。

両事件ともに、唖然とさせられますね。



昔も悲惨な事件はありましたが、幼女の虐待死というもの
はなかったと思います。

そして、伴侶を次々と殺害するなんてことも、例はほとん
どなかったでしょう。

こういう事件が多発するようになった理由は、近所付き合
いが薄れてきたせいではないかと思われます。

昔であれば、おかしいと気づいた人がすぐに通報したでしょう。



子供って可愛いですよね。だから虐待する人の気持ちなんて
わかりませんね。

お金に困っているから殺して奪うなんて、これもわかりません。
今は自己破産制度もありますし生活保護だって受けられるのです。

家の鍵なんて掛けたことのなかった時代が懐かしいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:虐待
posted by 子竜 螢 at 05:02| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

解散の名称は何になるのか

衆議院が解散することになりました。

来月の14日が投票日になりそうですが、忠臣蔵の討ち入り
のごとく、潔い結果になるよう祈りたいものです。



ところで、衆議院の解散には、その時々の世相を繁栄した
名称が付けられるのですが、今回は何になりますかね。

これまで有名になったところでは、バカヤロー解散とか
郵政解散などがありました。小泉首相の郵政解散は参議院
で否決された郵政改革法案に対してやったものですので、
八つ当たり解散とも呼ばれましたね。



今回の解散は、消費再増税の法案から景気弾力条項を削除
して、2017年4月には何が何でも再増税しますがいいです
か、という問いですね。

もちろん、特定秘密保護法案やらカジノやら、いろんなこ
とも争点にはなるでしょう。

しかし、今になって思うに、民主党政権時代のほうが国民
は豊かでしたから、やはり増税が目玉の争点になるだろう
と思われます。



消費増税が失敗だったとわかったのなら、5パーセントに
戻せばいいものを、逆に何が何でも増税だなんて理解でき
ませんし、増税の際の約束だった議員定数の削減も手つか
ずのままの解散とは、いったい何なのでしょうか。

民主党と維新からは定数削減法案が以前から提出されてい
るにもかかわらず、審議されなかったのは誰のせいでしょ
うか。

選挙は政治家のためにあらず、国民のためのものという認識
をもって投票に向かいましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 12:27| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

パソコンスキルが重宝される

最近の就活事情の様変わりをご存知でしょうか。

なんと、中高年でもパソコンを自由自在に扱える人が優先
採用される傾向にあるのです。



その裏には、若者のパソコン離れがあるといわれています。
インターネットだけならスマホで事足りるため、パソコンを
持っている若者は半数をやや超える程度とか。

もちろん、経済的な事情もあるのでしょう。スマホとパソコ
ンの両方を持っていますと、通信費もバカにはなりません。

しかし、そのために、ワードやエクセルを自在に扱える若者
が減り、パソコン世代だった40代を中心に中高年の採用が見
直されるようになりつつあるのです。



今やアフィスには欠かせないパソコンです。プログラミング
までできる人なら、就職先には困らないでしょう。

また、営業職であれば、ノートパソコンや簡易端末を使える
人が優先されるでしょう。いずれもパソコンのスキルが基礎
ですからね。

とはいえ、未経験者でもすぐに覚えてしまうのも若者です。

中高年のパソコンスキルは、人に教えられる程じゃないと
ダメってことなのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:00| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

みんなの党が揺れている

衆議院の解散を目前にして、みんなの党が揺れています。

解党を視野に話し合いが行なわれているようですので、
生半可なことじゃなさそうですね。



今朝から議員総会が開かれまして、ほぼ解党することに
決定したようですが、渡辺前代表のカネの問題から相次
ぐ離党や分党騒ぎで、もう党としての体裁さえ保てなく
なったのでしょう。

そして、野党再編の動きの中にも入れてもらえないなど
所属議員は進退を迫られることになりそうです。

すなわち、解散後は無所属で出馬するか、今のうちにど
こかの党へ入れてもらうかです。

しかし、後者の場合、すでに解散を意識している各党で
は候補者が決定している場合もあって、簡単に鞍替えと
はいかないでしょうね。



ともあれ、解散総選挙は規定の路線らしいので、投票に
は慎重な判断をしたいものです。

解散は明日の予定だとか。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

GDP速報値に落胆の声

今朝、7月から9月期のGDP値が発表されました。

物価変動率を差し引いた実質の成長は、前年比でマイナス
1・6パーセントという低いものでしたが、早くも為替や
株価が反応しております。



もう駆け込み需要の反動などという場面ではありませんね。
明らかに消費増税の失敗です。

再増税どころか、今すぐに消費税を撤廃しませんと、日本の
経済は麻痺してしまいます。

増税しても所得税のマイナスですから、国民の負担だけが増
えたのです。



それにしても、株価は下がり円安がさらに進行しましたが、
マイナス成長を予想していた人が少なかったのでしょうか。

子竜はマイナスが2パーセント台かと予想しておりましたので
何か数字を調整したのではないかと疑いたいほどなのです。

これで再増税こそ完全に延期となりますが、円安による物価
高は止められそうにありません。

消費増税に合意した三党は、どう責任を取ってくれるのでしょ
うか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:GDP速報値
posted by 子竜 螢 at 10:58| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

朴大統領の誤算

韓国の朴大統領に焦りともみられる意識が芽生えたようで
すね。直接的な表現こそ抑えていますが、一転して安倍総
理との会談を望むがごとき発言です。

あれほど拒否していたのに、この豹変振りは何でしょうか。



朴大統領が日本側へ提案してきたのは、まず外相級での日中
韓の三カ国会談を行なって、将来の首脳会談へとつなげたい
というもの。

これは明らかに安倍総理との会談を希望している表われでし
て、直接に申し込めないから中国を含めたものとなり、外相
級会談からと濁しているのでしょう。

事の発端は、言うまでもなく安倍総理と習近平氏との会談です。

最初こそ習氏は仏頂面でしたが、2回目以降は恵比須顔。要する
に国民向けのパフォーマンスであったわけで、中韓ともに経済
の面からも日本を無視できるはずがないのです。



もちろん、韓国の国内世論は、朴大統領の豹変振りに批判的でして
メディアは経済の面から歓迎するも、これまでの主張との食い違い
には戸惑っています。

とにかく、APECでの外交戦略は成功だったといえるのでしょう。

でも、韓国国内の混乱振りが心配になってきますね。それでなく
とも経済の失速が深刻なのですから、今後どうなるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:首脳会談
posted by 子竜 螢 at 11:03| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

定数是正と削減はどうなったのか

にわかに取り沙汰されている衆議院の解散ですが、消費増税
をするときの約束だったはずの議員定数削減は、まだ実現さ
れていない状況です。

加えて、選挙があるたびに毎度のように訴訟問題となってい
る定数の是正に関しても、不透明なままです。



こういう状況なのに、どの党も議員も、その点には触れずに
選挙対策ばかり。

そして、消費税の再値上げに是か非かばかりの議論です。まず
身を切る覚悟と言っていたはずではなかったでしょうか。



極端な話をしますと、国会議員は衆参ともに各都道府県に1名
だけで事足ります。多すぎるから何事もまとまらない。

いや、もっと極端にいえば、各都道府県知事が国会議員も兼ね
ていい。公務に忙しいときには、代理人を認める制度でもいい。

先進国の多くで、主要都市の首長が国会議員を兼務している例
は多々あるのです。兼務の分はボランティアですね。

地方の声をより反映できる制度でしょう。



とにかく、定数の削減がままならないので、わずかな期間のみ
の報酬削減で誤魔化されてしまった我々です。

選挙区で落選した候補者が比例区で復活当選できるおかしな制度
も含めて、見直していただきませんと、ますます政治不信が募る
ばかりでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:議員定数
posted by 子竜 螢 at 09:40| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

国会議員の文通費

維新の橋下代表がしてきしたとおり、国会議員の文通費を
透明なものにしなければ、政治と金の面での信頼獲得は
難しいと思う。

それでなくとも、組閣の度に必ず誰かが引っかかるのです
から、消費税を上げる前に、税金の無駄遣いをなくしてい
ただきたいものです。



文通費とは、正式には文書通信交通滞在費といって、月額
100万円が支払われます。地方議員の政務活動調査費に相当
するものです。

しかし、地方議員の政務活動調査費とは違って、仕様明細を
報告する義務はなく、余りを返還する義務もありません。

50万円ずつ2回に分けて振り込まれます。1回目は報酬歳費と
一緒に振り込まれるのですが、驚いたことに、キュウヨとい
う項目になっているそうなのです。



そもそも、議員特権で航空機や新幹線はタダ。議員会館の電話
使用もタダでして、議員宿舎に宿泊すれば、これもタダ同然な
のですから、いったい何に使われているのでしょうか。

国家議員全員の分を合計しますと、年間80億円にもなります
からね。使用明細を公開しなくてはいけないでしょう。

それでなくとも、高級車を買ったとかマンション購入の頭金に
充てたとかという噂があるほどなのです。



なるほど、選挙に多少のお金をかけても議員になりたいわけで
すよね。使わなければ議員報酬が倍になるのですから、本当に
美味しい職業かもしれません。

でも、ここにきて、国会議員の中からも不透明さを懸念する声
が挙がってきました。よいことです。

すでに維新の党から、公開すべきとの法改正案が提出されてお
ります。

議員の諸先生方は、この法案とどう向き合うのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 11:02| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

サンゴ密漁の実態と対策

小笠原諸島での中国船によるサンゴの密漁が横行しています。

他国の領海内での漁ですから当然違法なばかりではなく、日本
の漁師でさえも許可制となっているのです。



現在、中国の近海ではサンゴがほぼ全滅でして、とくに装飾品
などに使用されて高値で取引される赤サンゴは壊滅状態にあり
ます。

中国当局はパンダと同様に保護種にしていしているほどですか
ら、密猟がバレますと間違いなく死刑ですね。

一方、日本の法律が甘いせいでしょうか、小笠原諸島の沖には
多いときで200隻もの中国船が押し寄せて、毎晩密漁している
らしい。

対して、日本側の巡視船はたったの6隻。拿捕して横須賀まで
曳航しようにも絶対数が足りません。



この際、中国では死刑になるくらいの犯罪なのですから、見せ
しめに1隻か2隻を撃沈するほうがいいでしょう。

もちろん乗員は助けますが、領海侵犯のみならず密漁までとあっ
ては、国際世論も納得するのではないでしょうか。

そのように対処しますと中国当局に向けて通達すればいいと思う。
小笠原諸島は領有権を争っている地域ではありませんから、どの
ように対処しようと中国から文句を言われる筋合いはありません。



ただし、日本の国内には武力行使に反対する人がいそうですね。

そういう人には実効力のある代案を出してもらうようにしましょう。
税負担が増えないような現体制での代案ですからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:11| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

解散はあるのか

ここのところ、衆議院の解散という話が急浮上してました。
任期をまだ2年も残しての話ですので、驚かされます。

しかも、自公政権が圧倒的な多数を占めている衆議院を、わ
ざわざ負け覚悟で解散総選挙に持ち込む意図は何なのでしょ
うか。



各党の動きがにわかに慌しくなってきました。自民党内でも
ポスト安倍をめぐる動きがあるかと思えば、冷静に見守るべ
きとの二極化にすすんでいるようにも見えます。

解散総選挙は、おそらく消費税率再値上げに対する考えを、
国民の信を問う形にしたいからだと考えられます。

安倍総理はどちらかというと再値上げに対して慎重なほうで
して、財界とつながりの強い議員たちからの圧力は相当なも
のなのでしょう。

だから、解散をして再値上げの凍結や延期を国民の信を問う形
にしたいのでしょうね。



しかし、困った問題が発生します。比例代表の投票ですね。

選挙区でしたら、この候補者は再値上げに賛成なのか反対なのか
で投票する判断材料になりますが、比例区ですと自民党とは書け
なくなりますので、候補者名を書かなくてはなりません。

もちろん、再値上げに反対ならば野党に投票するのがわかりやす
いのですが、悩ましいところです。



野党の再編成がまだできておりませんね。民主、維新が中心核と
はなりえなかったのでしょうか。

実際に解散総選挙となりましても、歳末の列島を騒がしくさせる
だけの選挙となりそうですが、誰か一石を投じる人はいませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 10:12| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

勝ち組に入る方法

経済の二極分化が進んでいます。富める者はさらに裕福と
なり、そうでない人はずっと変わらない。

30年ほど前までは、国民の多くが中流意識を持っていました。
富豪ではないが、貧困も感じていなかったのです。



しかし今、若者の多くは我々の時代では考えられなかったほ
どの低賃金なのてす。初任給は高くとも、実質賃金が目減り
するばかりですので、経済的な理由で結婚を諦めるケースも
多いとか。

いや、一流の大学を出て大手企業に就職できた人はまだいい。
どこかで躓いてしまうと二度と立ち上がれず、一生派遣や
フリーターで過ごすことになります。



では、絶対にのし上がれないのかというと、そんなことはあり
ません。自営するのがひとつの手ですね。

でも、必ず成功するとは限りませんから、二の足を踏んでしま
います。



そこで、投資という方法が浮上してきます。

ギャンブル的な投機ではなく、ちゃんと理論に裏打ちされた
投資こそ、勝ち組へのパスポートでしょう。

まずは、資金を溜めましょう。この段階では多少の無理や我慢
も必要です。収入のすべてを使い切る生活をしていますと、そ
こからは何も生まれないのです。目標は200万円です。

その一方で、株式投資などの勉強を始めます。今では無料の通信
講座が多々ありますから、勝つというより負けないだけの基礎力
を養っておきましょう。



そうして、資金の溜まり具合と勉強の度合いとがマッチしたなら
あとは時間の問題です。

運任せの投資ではなく、きちんと学んだものなら資金は減りません。
頑張りましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:投資
posted by 子竜 螢 at 07:15| Comment(2) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする