2014年11月01日

電力会社の買取拒否が意味するもの

最近になって、電力各社が一般家庭での発電や省電力発電
などに対して電力買取拒否へと動いているようです。

いうまでもなく、買取は義務化されているはずなのですが
なぜ拒否の姿勢になっているのでしょうか。



電力各社の言い分としては、割高な電力を買い取るとその
ツケは消費者に料金として跳ね返ってくるし、安定した供給
源として考えにくい、というものです。

なるほど、とは思いますが、ちょっと待てよと疑問も湧いて
きます。

たしかに、自社で発電したほうが割安でしょう。だからといっ
て割高の電力を仕入れないという絶対的な理由にはなりえま
せんね。

なぜかといいますと、買取制度が誕生した趣旨に背くからです。
安全でクリーンな電力を供給するのが目的ですからね。コスト
の問題は自助努力で解決すべき問題なのです。

また、安定した供給源になりにくいという点は、まだ絶対量が
足りないからであって、今後、安定した地熱発電なとも普及し
てきますと、言い訳にはならなくなってきます。



要するに、本音の部分は原発を再稼動させたいところにあるので
はないでしょうか。

しかし、晴れた日が多く気候のいい地域では、太陽光発電が盛ん
になって電力供給が過剰気味なので、原発の再稼動どころかもう
いらないというのが実情なのです。

つまり、電力需要に対する供給量という点で、すでに原発は必要
のないものになっているわけでして、コストの問題だけが残って
いるのでしょう。



コストの問題を解決するには、電力会社を今のまま民間会社にし
ておいては永久にできません。その地方の自治体による共同経営
方式にして得た利益を税収不足に充てるとか、消費者による非営
利の協同組合の形態にしませんと、アメリカ並みの価格にはなら
ないのです。

発送電分離の考え方もわからないではないですが、競争の原理が
働かないのは同じですので、民間会社にしておく意味がありませ
んね。

とにかく、原発は必要じゃなくなってきました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:50| Comment(2) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カジノ法案はどうなるのか

今国会での目玉となる審議は、労働者派遣法の改正案と
カジノ法案でしょうか。

閣僚たちの不祥事で審議は停滞ぎみではありますが、誤
報などもあったことから、とくにカジノ法案の行く末が
気になります。



カジノ法案の骨子が報道された当初、利用者は外国人に
限定するというものでした。

ところが、わずか3日後には日本人も利用可と訂正され
まして、何が何だかよくわからない感じになっています。

つまり、推進派の議員さんたちの間でも意見が分かれて
いるということなのでしょう。



税収はほしいが破産者が大量に出ても困るから、外国人
だけにして様子を見よう。

いや、そんなのじゃ国民の理解が得られないから、日本
人も遊べるようにしないと論外だ。



ギャンブルの結果は自己責任ですが、依存症の人もいる
わけでして、単純に外国人とか日本人という振り分け方
でいいはずはないでしょう。

生活保護受給者の入場を完全に阻止できるかという点も
大きな社会問題になりそうですよね。



ならば、法案とは別の意味でのカジノを創設するほうが
いいのではないでしょうか。

カジノを特定の都市に置くのではなく、政府所有の豪華
客船の中にのみ設置する。

そして、毎年2回ほど世界一周の旅と称する企画を用いて
その間だけの利用を許可する。

そうすれば、お金に余裕のない人には参加できません。
もちろん、生活保護受給者が紛れ込むこともありません。

いかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする