2014年11月10日

タバコ税値上げの結末

タバコは有害。だから医療費の負担が減らない。

その一方で、みんながタバコをやめて健康になると税収は
減りますし、長生きする分だけ社会保障の負担が増えます。



タバコ税の値上げの口実として常にいわれてきたのが、健康
の面ですね。

しかし、それなら販売禁止にすればよさそうなものですが、
税収もほしいから禁止にはできない。

そして、上記のごとく、みんなが健康で長生きするようにな
りますと、社会保障費で国家が確実に破綻します。



二本のタバコは欧米に比べますと格段に安いです。欧米では
1000円が当たり前だという。

でも、予想されていたように、500円を超えたあたりから闇
のタバコが出回るようになりました。

イギリスではとくに深刻な問題となっているようで、正規の
タバコが売れなくて税収面でも危機にあるのです。

日本でも、これ以上値上げしますとそうなるでしょうね。



消費税もそうですが、値上げしたなら税収が増えるなんて考え
は机上の空論です。

ストレスを和らげる硬化もありますから、禁煙するほうが健康
とも限りません。

逆に値下げをして喫煙者を増やし、税収アップを図りながら、
社会保障費の支出減につなげる。

それがいいと思いますがね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:タバコ税
posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。