2014年11月12日

解散はあるのか

ここのところ、衆議院の解散という話が急浮上してました。
任期をまだ2年も残しての話ですので、驚かされます。

しかも、自公政権が圧倒的な多数を占めている衆議院を、わ
ざわざ負け覚悟で解散総選挙に持ち込む意図は何なのでしょ
うか。



各党の動きがにわかに慌しくなってきました。自民党内でも
ポスト安倍をめぐる動きがあるかと思えば、冷静に見守るべ
きとの二極化にすすんでいるようにも見えます。

解散総選挙は、おそらく消費税率再値上げに対する考えを、
国民の信を問う形にしたいからだと考えられます。

安倍総理はどちらかというと再値上げに対して慎重なほうで
して、財界とつながりの強い議員たちからの圧力は相当なも
のなのでしょう。

だから、解散をして再値上げの凍結や延期を国民の信を問う形
にしたいのでしょうね。



しかし、困った問題が発生します。比例代表の投票ですね。

選挙区でしたら、この候補者は再値上げに賛成なのか反対なのか
で投票する判断材料になりますが、比例区ですと自民党とは書け
なくなりますので、候補者名を書かなくてはなりません。

もちろん、再値上げに反対ならば野党に投票するのがわかりやす
いのですが、悩ましいところです。



野党の再編成がまだできておりませんね。民主、維新が中心核と
はなりえなかったのでしょうか。

実際に解散総選挙となりましても、歳末の列島を騒がしくさせる
だけの選挙となりそうですが、誰か一石を投じる人はいませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 10:12| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする