2014年11月20日

解散の名称は何になるのか

衆議院が解散することになりました。

来月の14日が投票日になりそうですが、忠臣蔵の討ち入り
のごとく、潔い結果になるよう祈りたいものです。



ところで、衆議院の解散には、その時々の世相を繁栄した
名称が付けられるのですが、今回は何になりますかね。

これまで有名になったところでは、バカヤロー解散とか
郵政解散などがありました。小泉首相の郵政解散は参議院
で否決された郵政改革法案に対してやったものですので、
八つ当たり解散とも呼ばれましたね。



今回の解散は、消費再増税の法案から景気弾力条項を削除
して、2017年4月には何が何でも再増税しますがいいです
か、という問いですね。

もちろん、特定秘密保護法案やらカジノやら、いろんなこ
とも争点にはなるでしょう。

しかし、今になって思うに、民主党政権時代のほうが国民
は豊かでしたから、やはり増税が目玉の争点になるだろう
と思われます。



消費増税が失敗だったとわかったのなら、5パーセントに
戻せばいいものを、逆に何が何でも増税だなんて理解でき
ませんし、増税の際の約束だった議員定数の削減も手つか
ずのままの解散とは、いったい何なのでしょうか。

民主党と維新からは定数削減法案が以前から提出されてい
るにもかかわらず、審議されなかったのは誰のせいでしょ
うか。

選挙は政治家のためにあらず、国民のためのものという認識
をもって投票に向かいましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 12:27| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。