2014年12月07日

棄権と白紙投票

衆議院選挙まであと一週間となりました。

北陸地方は雪ですが、その中を選挙カーが走り回って必死
に候補者名を連呼するも、降りしきる雪のせいでかき消さ
れております。



まあ、選挙カーなど無駄な上に騒音でしかないと思ってい
るのですが、かといって棄権したり白紙投票をするつもり
はありません。

ある団体は、違憲状態での選挙は無効だからと言って白紙
投票や棄権を呼びかけていますが、とんでもない思い違い
ではないでしょうか。

たしかに、最高裁判所の判決は重く受け止めなくてはいけ
ません。しかし、選挙の投票権も憲法で保護されているの
ですから、矛盾した考え方ですね。



おそらく、今回の選挙は史上最低の投票率になるものと予想
されます。政権を担えるだけの野党がいないからです。

それでも、あえて投票に行きましょう。白紙じゃなく、自分
の考えともっとも近い候補者と政党に投票しましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:解散総選挙
posted by 子竜 螢 at 14:05| Comment(2) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする