2014年12月11日

高すぎる供託金

衆議院選挙も終盤戦となりました。各陣営ではラストスパート
の状況でしょうか。

投票日は今度の日曜日14日です。



ところで、今回の選挙についてネット上ではどのような反応な
のかを調べているうちに、いくつかの面白い意見を発見しました。

ひとつは、投票日を平日にして、その日を臨時の祝祭日とし、経済
効果を狙ってはどうかというものです。

なるほど、700億円もの税金が使われるのですから、経済効果を
狙って税収増とのチャラにしようという発想はいいですね。



もうひとつは、日本の供託金が異常に高いと指摘をしていました。

立候補するには供託金というものが必要なのですが、選曲で300万円
比例区では600万円が必要です。

落選してもある一定の割合以上の得票があれば戻ってきますが、得票
が少ないと没収されてしまいます。

そのサイトでは、各国の供託金が掲示されておりまして、アメリカや
イギリスはゼロ。もっとも高い国でも90万円で、ほとんどの国がひと桁
です。日本が高すぎると述べています。

当然、高いほど庶民は立候補できませんね。銀行から借りようにも、
急な解散には間に合いませんし、そもそも日本国憲法第44条にて、
立候補の規定には財産などで差別されてはならないとなっています。



とはいえ、供託金をゼロにしますと、何千人も何万人も立候補しそう
ですし、難しいところですね。

かといって、今の制度では大政党が有利で無所属の個人は圧倒的に
不利となっています。

これらの点も含めて、近く、全国の裁判所に提訴するらしいのです
が、一票の格差問題もありますし、いったいどうなることでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:供託金
posted by 子竜 螢 at 11:39| Comment(2) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。