2014年12月13日

金儲けネタは本物なのか

ネット上ではいろんな金儲け情報が氾濫していますよね。

本物っぽいものから明らかなゴミ情報まで、ついクリック
したくなるようなキャッチコピーは山ほどです。



もちろん、そのほとんどは再現性のないもの。つまり理論
的には正しいが実践不可能なものが多いです。

とはいえ、中には本物の情報も混ざっているから不思議に
思われることでしょう。なぜ本物の金儲けネタが売り出さ
れているのでしょうか。



本当に儲かる話なら他人に教えるはずがない、と考えるのは
その道の人に言わせますと素人考えらしい。

なぜかといいますと、本物の金儲けネタを発見した人は貧困
だから真剣に探したのであって、方法は見つかったものの、
投資するだけの資金がないわけです。

もちろん、怪しげなネタなどに銀行が融資してくれるはずは
なく、売り出して資金を得なくては前に進めません。

あるいは、ある程度の資金があったとしても、資金が多いほ
ど一度の利益は大きくなりますから、ネタを売り出すほうが
手っ取り早く儲けられるのです。



当ブログの欄外にあります「3分で稼ぐ」のバナー広告は、
イギリス王室公認のブックメーカーという儲けネタを販売
しているのですが、誰でも必ず利益になる方法が記されて
いる数少ない本物のネタです。

なぜ必ず利益が出るのかは、クリックしてみるとわかります。



しかし、他の金儲けネタでは、たとえ本物であったとしても
注意しなくてはならない点があります。

それは、投資先の土俵の大きさですね。

たとえば日本の競馬がそうです。こういうやりかたをすれば
儲かるとあるので、みんなが同じ馬券を買いますとオッズの
倍率が低くなってしまい、必勝法が必敗法になってしまうのです。

株でも、銘柄を指定しているようなネタですと、同じことが
発生します。

つまり、土俵が小さな分野のネタに必勝法は成り立ちにくい
のですね。



反対に、FXやブックメーカーなどは、世界中から一国の予算
ほどの資金が集まっている土俵ですので、あなたが1億円入れ
たとしてもほとんど影響しません。

なので、「3分で稼ぐ」は本物中の本物なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 10:35| Comment(2) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。