2014年12月15日

選挙結果に納得しますか

ほぼ予想どおりの結果となりましたね。

今回の結果を受けてもっともホッとしているのは公明党
ではないかと思います。

もしも自民党が3分の2を単独で占めたなら、公明党との
連立は必要なくなりますし、集団的自衛権など、公明党
の反対など完全に無視されるところでした。



今回の選挙結果で悲惨だったのは次世代の党でしょうか。

維新の党も含めてですが、ほとんど自民党と変わらない
政党の敗北は、安部総理の誤算ではないかと感じます。

一方で民主党と共産党が伸ばしているのは、やはり自公
への批判が強かった証拠でしょうね。



ところで、小選挙区で落選した候補者が比例で復活する
精度って、なんなのでしょうか。

小選挙区では、この人を選びたいという有権者の意思ば
かりではなく、この人だけは落としたいという有権者の
意思もあるはずなのです。

それが復活するなんて、まさにゾンビ議員ですね。

重複立候補の名簿順位は、比例単独よりも下位にするな
どの精度改革が必要でしょう。

ともあれ、最低2年は衆院選挙はないと思いますので、
引き続き自公勢力に期待するしかありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:比例代表
posted by 子竜 螢 at 12:18| Comment(2) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする