2014年12月16日

野党の再編成

さて、今回の選挙結果はさまざまなことを国民に教えて
くれました。

もっとも印象的なのは、比例区の得票で野党のほうが上
まわっていたことです。



制度上の問題でもあるのですが、全国がひとつの比例区
だったとすれば、与党が30議席近く減り、野党が増える
計算となります。

これは人口の多い都市部での支持が自公一辺倒ではない
からですが、圧勝したといわれる与党も、この結果を
受け止めて驕ることなく国民に尽くしていただきたいと
思います。

また、選挙期間中に特定秘密情報保護法が施行されました
が、これも正しく運用していただきたいものですね。



今回の選挙結果が妥当だとする人も不満に思う人も、野党
の再編を強く望んだかと思います。

史上最悪の低投票率が示しているように、投票対象の選択肢
が少なかった要因は、各野党の準備不足などではなく、政権
交代可能な野党への再編成ができなかったからでしょう。

かつての民主党のような寄せ集めでは困りますが、核となり
そうな人物が出馬せずに早々と敗北宣言してしまったことも
影響したかと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:野党再編成
posted by 子竜 螢 at 10:55| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする