2014年12月24日

Suica騒動と転売屋

東京駅100周年を記念して発売されたプリペイドカード
Suicaでしたが、かなりの騒動になりましたね。

発売直後から転売サイトにアップされていたため、騒動
の原因は、禁止されていたはずの徹夜並びをしていた
転売屋と呼ばれる人たちでした。



まあ、JR東日本の企画予想もまずかったのでしょうけれど
限定販売品は転売屋の格好の的ですからね。申し込み期間
を設けて希望者全員に売るという方式を最初から採るべき
でした。

それでも期間限定販売なのですから、記念Suicaとしての
価値が下がることはなかったでしょう。



オークションサイトを広げてみますと、希望者全員に販売
することとなった途端に、商品提示が取り下げられていま
した。

徹夜までしたのに、ご苦労様ですね。



だからといって転売を悪いとは思えません。知人にはそれで
生計を立てている人もいます。

ただね、発売当初からすぐにサイトへアップしようとするから
大混乱に発展します。

あのとき買いそびれてしまった、という人を後日のターゲット
にはできなかったのでしょうか。



ともあれ、突然の発売中止で、買えなかった人たちの怨嗟の声
は凄かったですね。

二度と起きないよう、配慮していただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ネット転売
posted by 子竜 螢 at 12:16| Comment(2) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする