2014年12月26日

STAP騒動の結末

STAP細胞をめぐる騒動の中で、理研の調査委員会が会見
を行ないました。

すべてのサンプルにES細胞が混入していたとの結論で、
STAP細胞の存在を否定しました。



先日の検証実験結果での会見では、STAP細胞を期限内に
作れなかったとの内容でしたので、STAP細胞が本当に存
在するのか否か、よくわからない内容でした。

しかし、今回の調査委員会の報告では、完全に否定され
たことになります。



では、なぜES細胞が混入したのか。

いいえ、すべてのサンプルに混入していたとなりますと
誰かの故意としか考えられないとも調査委員会は述べて
います。

誰が。。。

論文の共同著者は離れた場所に居るから不可能、としま
すと、小保方氏本人か自殺した笹井センター長しかいな
いことになります。



これ以上突っ込むのはやめますが、国民が納めた税金を
科学の捏造のために使わないでいただきたい。

世界中で検証実験に要した費用も考えますと、万一請求
された場合にはとんでもない金額になるでしょう。

さらには、ネイチャー誌からも損害賠償を求められるか
もしれませんね。



もうすぐ新年を迎えます。

今年の膿は今年のうちに出しておいていただきたいと思い
ます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 14:07| Comment(3) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。