2015年01月10日

生活意識に関するアンケート調査

日銀が行なった生活意識に関するアンケート調査により
ますと、アベノミクス以前よりも生活が苦しくなったと
答えた人が半数にのぼりました。

また、日銀の短観でも大幅な下方修正をされましたし、
消費増税がもたらした経済への悪影響は税収増以上の
マイナスを生み出したように思えてなりません。



野党がしっかりしていたなら、年末の衆議院解散選挙は
自民党の大敗に終わっていたはずなのですが、まだ企業
の賃上げに期待する人がいる以上、自民党の天下はしば
らく続きそうですね。

しかし、アベノミクスは個人個人を豊かにするのが目的
ではなくインフレによって国家の借財を実質目減りさせ
るのが目的ですから、鵜呑みな信奉をしていますと後で
ガッカリさせられます。どう見たって、中小企業の給与
までが大幅に上がるわけがないのです。



戦後のような中間層の幅広い世の中を復活させるには、
やはり当時の制度を復活導入させるべきです。

すなわち、消費税の完全撤廃と所得税の累進性の見直し、
そして、贅沢品への物品税課税です。

これで富裕層が日本からいなくなるなんて真剣に論じる
のは、明らかに論点のズレです。

下層がいるから上層が潤う。

単純な原理ではありませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:アベノミクス
posted by 子竜 螢 at 22:13| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする