2015年01月21日

身代金の支払いは不可か

イスラム国から日本人二人の身柄を拘束しているとして
2億ドルの身代金要求がありました。

中東歴訪中の安部総理は急遽帰国へとあわただしい騒ぎ
となりましたが、どう対処するものかと忠身腐れており
ます。



身代金の要求は動画サイトにて行なわれ、オレンジ色の
服を着させられた二人の日本人が座っている背後で、黒
づくめの人物がナイフを振り回しています。

しかし、三人の影の方向が違ったり、服が風になびく強
さやタイミングが違うなど、明らかに合成された動画で
した。



とはいえ、二人が誘拐されたのは間違いないので、合成
かどうかは問題ではありません。

安部総理がイスラム国を許さないとの立場を鮮明にして
資金提供を明言した直後だっただけに、難しい対応が迫ら
れるでしょう。

身代金を払えば前言を翻したことになりますし、払わずに
最悪の事態となれば、人道的な非難を受けるでしょう。



危険だとわかっていながらかの地域へ行った人の責任もさ
ることながら、自衛隊が海外で戦闘行為を行なえない現状
でのイスラム国非難も問題があったでしょう。

外交的な発言は、つねに軍事力という背景があってこその
ものであり、空元気は災いのみをもたらします。

安部総理は、難民救済などの人道支援だけを発言すべきで
した。



それにしても、イスラム国の武器や弾薬はどこから仕入れ
をしているのでしょうか。

それらしい工場があるのであれば、衛星でとっくに発見し
空爆されているでしょう。

あらためて世界地図を確認してみますと、イラクとシリア
にまたがるイスラム国へ直接に武器輸送ができるルートは
トルコかイランかヨルダン、海上からですとペルシャ湾か
地中海からしかありません。

このうち、トルコとヨルダンはイスラム国と対立していま
すし、ペルシャ湾では各国の軍艦が目を光らせています。

となりますと、残るはイランからのルートと地中海からの
ルートしかありません。



ともあれ、身代金の支払いは、金額もさることながら払い
ますと今後も日本人が標的にされてしまう恐れが生じます。

安部総理は期限までの72時間にどう結論を出すのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:イスラム国
posted by 子竜 螢 at 15:27| Comment(4) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする