2015年02月09日

イラク軍が大規模な地上戦へ

アメリカ筋によりますと、イラク軍が大規模な地上戦を
準備中だという。

作戦は数週間以内に発動される見込みで、イラク領内の
イスラム国戦闘員部隊を壊滅させるのが狙いらしい。



これに対して有志連合は、支援の火力を提供するといい
ますから、地上戦突入に先立って大規模な空爆や砲撃を
加えるのでしょう。

人質殺害の動画アップが、イスラム国の首を自ら絞めた
ことになりそうですね。

現在、人質にされているのはイギリス人の記者が1人だけ
で、今までのやり口からするとすでに殺害されている可能
性が大だけに、本格的な地上戦に移るようです。



そして、シリア側では、シリア政府ともイスラム国とも対立
している反政府革命組織が勢力を拡大中で、イスラム国の
勢力圏は一気に縮まるかもしれません。

反政府組織は数年前からシリア軍と戦っている内戦の当事者
ですから、テロ組織ではないので、有志連合も内政干渉にな
らぬよう手を出してはきませんでした。イスラム国はこの
組織と地上戦を繰り返しつつも、最近は押され気味です。

そして何より、イスラム教スンニ派の最高機関が、イスラム
国の行為をイスラム教の教えに反していると明言したことです。



テロとの本格的な戦いが始まろうとしています。

人質事件が何か起きる転機となりそうだ、という予感が的中
したのかどうか、経過を見守りましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:イスラム国
posted by 子竜 螢 at 12:41| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。