2015年02月16日

日韓スワップが廃止へ

日本と韓国との間で取り交わされている通過スワップ協定
があと10日ほどで期限切れを迎えます。

期限の延長は相手国からの要請がありませんとしないこと
になっていますので、おそらく廃止になるのでしょう。



2001年7月に20億ドルの規模で取り交わされた通過スワップ
協定ですが、現在は200億ドルの規模となっております。

スワップ協定とは、どちらかの国の通貨が暴落した際に、
もう一方の国が為替介入をして買い支えるという協定の
ことで、今は稀有なウォン高ですので、期限延長したとして
も当分は用がありません。



もちろん、竹島問題などの嫌韓感情から日本側からの延長
申し入れはありえず、あとは韓国側の出方次第ですね。

まあ、残り10日を切ってからの延長申し入れというのは
古今東西のあらゆる協定でも前例がありませんので、韓国
側にも延長の意思などないのでしょう。

しかし、ウォン高への介入をしてほしいはずなのですが、
かの国は日本へ頭を下げることなどしないでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 03:55| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする