2015年03月04日

戦艦武蔵が発見された

フィリピン中央のシブヤン海の海底において、戦艦武蔵
と思われる艦体が発見されました。

艦首の菊の御紋章と巨大な錨から武蔵だと思われ、日本
の専門家たちも写真を分析した上で、間違いないと断定
しました。

武蔵は大和型戦艦の二番艦で、大和よりも半年遅れで完
成しました。三菱重工長崎造船所が建造を担当した当時
では世界一の軍艦でした。

46センチ砲9門を搭載して、砲弾の重量が乗用車一台分
もあるのに、4万メートルも飛ばすことができたのです。



発見したのはマイクロソフト社の共同起業家だったポール
アレン氏です。

アレン氏は個人所有のヨットに搭載した深海潜水艇で同海
を探査しているときに発見したという。

1940年に完成して1944年に撃沈された武蔵は、海上に勇
姿を見せていたときよりもはるかに長く、70年という長い
間、誰にも発見されずにジッと耐えていたのでした。



これを機会に、日本も本格的な調査を始めてほしいと思う
のですが、近い将来、引き上げる技術が開発されたならい
いですね。

東シナ海で沈没した大和ともども、なんとかならないもの
かと思いました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦艦武蔵
posted by 子竜 螢 at 07:01| Comment(4) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする