2015年03月05日

米韓関係にも危機

今朝の8時前の出来事ですが、アメリカのリッパート駐韓
大使が韓国人男性に刃物で襲われました。

幸い、自力で歩けるほどの負傷で済みましたが、米韓関係
に暗雲が漂うのは間違いありません。



リッパート大使は、南北協調を目指す団体で講演をする
予定で、そのための打ち合わせをしている最中に襲われ
ました。

犯人は50代の韓国人男性で、4年前には日本の重家大使に
石を投げつける事件を起こしています。



大使というのはその国の政府を代表している立場ですの
で、襲撃するのは宣戦布告したようなものです。

アメリカ政府からのコメントは伝わっておりませんが、
由々しき事態なのは疑いようがありませんね。

犯人の人物は、おそらく反日家として犯罪者ではなく
英雄として扱われてきたのでしょう。それが裏目に出
ましたね。本当なら、まだ服役している最中のはずな
のです。



あれこれと悩ましい朴政権ですが、事態がここに至り
ますと、韓国は完全に孤立化しました。

最近頼っている中国も、どちらかといえば北朝鮮寄り
なのですから、この一件の後始末は韓国の明暗を分け
るでしょう。

朴大統領の最大のピンチです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:韓国
posted by 子竜 螢 at 12:03| Comment(4) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。