2015年03月22日

あなたなら戦いますか

ライブドアのニュースサイトに、気になるアンケート
があったので、投票してみました。

日本が他国から侵略を受けたとき、あなたなら戦いま
すか、というアンケートでした。



子竜は当然戦うほうに投票したのですが、これまでの
集計結果では、戦う人は43パーセント、戦わない人は
47パーセントで、戦わない人のほうがやや多かったの
には意外でした。

残りの数字は、わからないという回答です。



日本はとてもいい国です。蛇口を捻ると飲める水が出
てきますし、6歳になれば学校にも通えます。

これが当たり前だと思っているなら間違いでして、これ
だけの生活インフラが揃っている国は先進国の中でも稀
なのです。

戦わずに占領されてしまった場合、今の生活が続く保証
など何もありません。強制的にどこかへ移住させられる
かもしれませんし、相手国の誰かと結婚させられるかも
しれないのです。

いいえ、それだけならまだしも、一生強制労働させられ
て、人生を終えるかもしれないのです。

日本からの侵略戦争ならいざ知らず、侵略を受けた場合
でも戦わないという人は、どういう扱いを受けてもいい
と考えているのでしょうか。



実際に戦うとしても、自衛隊の足手まといにならないよう
後方支援しかできそうにありませんが、大切なのは気持ち
の問題でしょう。

逃げる、もしくは無抵抗という考えの人は、考え直して
いただきたいですね。

まさか、敵に内通して、自分だけは待遇をよくしてもら
うつもりなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:防衛
posted by 子竜 螢 at 17:04| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする