2015年04月10日

ネット銀行の不正な引き出し防止法

最近、ネット銀行の口座から預金が不正に引き出される
事件が多発しています。

被害額は毎年拡大するばかりで、セキュリティーの甘さ
を改善すればいいというわけではなくなっているのです。



ネット銀行の便利さは、なんといってもわざわざ店頭まで
出向かなくても良いところですよね。

振込みは自宅や出先にいながらでもできますし、先の日付
の予約までできるので使い勝手がとてもいいです。

しかし、パスワードが盗まれますとすべてなくなってしま
うという危険性もあるため、市中銀行と分散して預金する
のが安全だとされています。



では、犯人はどうやってパスワードを盗むのでしょうか。

可能性としてもっとも高いのは、無線LANを使用している
場合ですね。共通した電波を使っているという点では、
Wi-Fiも危険かもしれません。

財産にかかわるものはやはり有線じゃないと安心できない
のです。有料のコンテンツだって含まれますから、間違っ
てもスマホや携帯からの口座アクセスはしないほうがいい
でしょう。

やられた分は証明さえできればいずれ戻ってきますが、か
なりの期間を要しますし、弁護士の費用などもバカにはな
りません。



スマホ全盛期の今、スマホだけに頼っていますと大きな
被害を受けるかもしれません。

安全性を考えるなら、通話やメールなど、本来の機能のみ
に使用するのがベストでして、課金されるサイトや口座な
どへのアクセスは避けたほうがいいでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:不正引き出し
posted by 子竜 螢 at 14:27| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

ATM手数料は高すぎる

自分のお金を引き出すのに手数料を取られるなんて、
ちょっとおかしいと思いませんか。

銀行は貸付金利と預け入れ金利との差額で設ける会社
なのに、今では収入の多くがATM手数料なのです。



持っているだけ使ってしまう傾向のある人は、少しず
つ降ろすと思うのですが、10万円を10回に分けて引き
出しますと、10倍の手数料がかかってしまいます。

1回分が200円だとすると、一度に引き出すのと比べて
1800円もの違いとなりますから、バカにはできません。



そもそも、手数料を徴収される理由が明確ではありませ
んよね。ATMの設置や維持管理だとしても、その分の人
件費は浮いているはずですから、おかしいのです。

また、金額による手数料の差もおかしな点ですね。なぜ
金額が多いと手数料も高くなるのでしょうか。手間は同
じはずなのです。



というわけで、今回はお金にまつわる身近なことを採り
挙げてみたのですが、わけのわからない手数料やサービス
料など、世の中にはあふれています。

もっと賢くならないと損ばかりしそうな世の中ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ATM手数料
posted by 子竜 螢 at 18:07| Comment(2) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

地域興しのあの手この手

地方の過疎化と東京の一極集中がなにかと騒がれる中で
本当に危機感を抱いている地方の自治体では、あの手こ
の手で活路を得ようとしています。

その代表的なものが、ふるさと納税と移民誘致です。



ふるさと納税の制度は、地方税の一部を出身地へ納めて
もよいという発想から生まれたものだったのですが、実
際の運用ではふるさとに限定されるものではなく、その
ために過度な土産品競争に発展しています。

また、移民誘致も競争が激化してきておりまして、ずっ
と家賃がタダになるとか、子供の養育費が何年間も支給
されるなど、ずっと地元で暮らしてきた人たちから文句
が出そうなほどのサービスぶりです。



もっとも、それくらい魅力的でないと乗ってくれません
から仕方がないとしても、どこかに歯止めを設けないと
いけないところまで来ているように感じます。

たとえば、1万円を納税すると8千円分のお返しがあれば
自治体の実収入は2千円にしかならないわけで、土産品
の事業者の活性化にはなるものの、本来の趣旨から段々
と離れてゆくことが懸念されます。

そして、いつかは赤字覚悟の過剰サービスにまでなって
しまうのではないかと思われるほどの人気ぶりでもある
のです。



以前の記事でお得なふるさと納税の例をいくつかご紹介
いたしましたが、ここまで過度になるとは思いませんで
した。

また、移民誘致につきましても、ろくに働かない人の
受け皿になってしまってはならず、将来に生活保護費
を支給するようになれば赤字になってしまうことを認識
しなくてはならないでしょう。



とにかく、人口の推移統計では東京の一極集中が明確と
なっている今、そして、これからをもっと議論しません
と本当の解決方法など出てこないでしょう。

かといって、外国人の移民を受け入れるというのは短絡
的な発想かと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

カジノ論議が進まない理由

東京オリンピックの開催に間に合わせようといろいろ
画策しているカジノ推進論者でも、いざとなると躊躇
せざるを得ない問題に直面しています。

カジノ依存症という精神的な中毒症状です。



早くからカジノを解禁している韓国では、カジノの周囲
にホームレス街ができていて、自転車の乗ってきた客が
みんなスッてしまって、自転車をその場で売る人さえいる
という。

ギャンブルの怖いところは、ビギナーズラッグにてなぜか
最初に勝ってしまう点ではないでしょうか。

一度味を占めますと、なかなか抜け出せなくなるのです。

単に、自己責任だというだけでは済まない問題ですね。



となりますと、有効な手立てをみつけない以上、カジノの
実現はできません。

ひとつには入場回数を制限するという意見もありますが、
生活費も含めた全財産を一度に賭ける人がいたなら、何
の意味もありません。

また、入場料というものを徴収して高く設定すれば、ある
程度の資産家しか参加できないとする考え方もありますが
それではなかなか利益にならないので、客が集まりません
よね。



そもそも、税収不足をギャンブルの収益で穴埋めしようと
いう発想がいけないのだと思います。

運営側だって、実際にやってみないと儲かるかどうかわか
らないのですから、万一赤字になった場合にはどうするの
でしょうか。

そういう点もふまえて、論議をしていただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 16:51| Comment(2) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

労働と投資

最近つくづく思うのですが、貧富の差の拡大傾向を
分析してみますと、真面目に働いている人ほど上に
は上れない仕組みになっていると感じています。

富裕層の所得の大きな割合を占めているものは株式
配当などの投資の分であって、労働した成果ではあ
りませんから、不条理さを覚えるわけです。



仮に、月給15万円の若者が、毎月のスマホ代に車の
ローンなどを抱えていますと、いくらも残りません
よね。

毎月2万円貯金できたとしても、2000万円のマイホ
ームを得るには1000ヶ月もかかり、ローンを組んだ
としても、本当に自分のものになるには金利の分だ
けさらに余計にかかりますから、気が遠くなる話に
なってしまいます。



つまり、小額でもいいから投資をしませんと、絶対に
富裕層にはなれないわけでして、まさか宝くじの当選
に期待するわけにもいかないのです。

かといって、投資は必ず儲かるわけではありません。

それなりに真剣に勉強したひとだけが勝者になれる狭き
門です。



ただし、だからといって何もしないまま無為に過ごして
も得るものは何もありませんよね。

まずは自分への投資をしてみましょう。

本を買って勉強する。立派な自己投資ですね。

それすらも出来ない人は、歳とともに没落してゆきます。
時間は有限なのです。

せめて、ほぼ100パーセントに近い勝率の「3分で稼ぐ」
を実践してみてください。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:投資 自己啓発
posted by 子竜 螢 at 18:20| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

成功からは学べない

世の中にはいろんな成功法則が紹介されていますよね。

書店へ行きますと、やはり売り上げのベストテンをほと
んどがビジネス書で占められています。



でも、なぜか読んだ人が成功したという話を聞きません。

その理由は、ビジネス書の多くが成功談を語っているか
らなのです。



4月になって新社会人になった人は、とくに不安感から
成功談を仕入れようとする傾向にありますが、それは間
違いの素です。

本当にためになるのは成功談ではなく失敗談ですからね。

なぜなら、成功した人の多くは、時流にうまく乗れたり
誰かの支援を得られたり、有益な情報を集めるための
資金力があった人たちが多いのでして、カネもコネもない
人には実行不能だからです。



それよりも、多くの失敗談を目にしたり耳にすることで
とりあえずは安定な状況を維持しつつ、一般人でも実行
可能なチャンス到来を待つべきです。

子竜は昔、ビジネス書を信奉するあまり、無理して上昇
機運に乗ろうとしました。すると、基盤がもろかったた
めにいろんな面で綻びが生じまして、結局は以前よりも
状況を悪くしてしまったのです。

それと同じような経験を何度も繰り返してきた人はいな
いでしょうか。



あるFX講座の講師が面白いことを言っていました。

どこの講座でも設けるための講義をしていますが、それ
で儲かったという人はほとんどいません。9割の人が損失
で終わるという結果は変わらない。

ならば、架空取引の練習ができるデモ口座で、架空の資金
500万円をひと月のうちになくしてしまう方法を見つける
ほうが確実です、と。



上記のことを実際にやってみました。すると、逆に38万円
も増えてしまって、なかなかなくならないのです。

ひと月の間、わざと損を出そうとしたにもかかわらず、38
万円も増えてしまったのはなぜかと考えてみたとき、答え
がわかりました。

設けようと欲を出しすぎると損をする。損をしてもいいと
ゆとりのある精神状態で臨むから利益が出る。

どうしたらわざと失敗できるのか、を考えたほうが近道か
もしれませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:自己啓発
posted by 子竜 螢 at 12:20| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

晴れたらいいね

今晩早くに、日本のどこからでも皆既月食が望めます。

夜の7時前から月が欠けはじめて、11時過ぎまで続き
ますが、完全に隠れる皆既月食の状態になるのは12分
間だけです。

方角は南東とのことですが、もちろん晴れていないと
見えません。



人類に天文学の知識がなかった頃は、悪い前触れのよ
うにいわれてきました。

しかし、今そんなことを言えば笑われるだけですよね。
小学生でも月食の仕組みを知っています。



でも、神秘な現象には違いありません。なぜなら、満月
の度に月食になるとは限りませんからね。

地球と月の軌道のわずかなズレが引き起こす滅多にない
現象です。

今夜は久しぶりの天体ショーを楽しみましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:皆既月食
posted by 子竜 螢 at 10:28| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

AIIBとはなにか

中国が主導しているAIIBに、世界各国が参加を表明して
おります。アジアインフラ投資銀行というものです。

日本はまだ検討中の段階なのですが、アメリカ主導のアジ
ア開発銀行では主要な立場にありますので、ライバルと
なるところへおいそれとは参加できません。



いずれもアジアの途上国に対してインフラ整備のための
貸付を行なう機関なのですが、性質は大きく違います。

日本が主導しているアジア開発銀行は、貸付審査が厳しい
代わりに、業者選定は自由にできます。

一方、中国主導のAIIBは審査が緩い代わりにインフラ整備
の業者は加盟国の中でしか選べない仕組みになっています。

つまり、審査では銀行と消費者金融の違いのようなものです
し、業者選定では互助会ですね。



AIIBの構想を打ち出してからの中国は、尖閣の問題をあまり
言わなくなりました。アジアのインフラ整備事業から日本を
締め出す準備が整ったからなのでしょう。

しかし、そう簡単に中国の思惑通りにはなりません。

なぜなら、審査の緩い貸付には希望が殺到する裏で、貸し倒れ
も頻繁に発生するからです。

そして、やはり無償供与のODAに頼らなくてはならない途上国
としては、ODAの分だけ入り込んでくる中国よりも日本のほう
を信頼しています。



現在、アジアでは韓国をはじめとして中国と領土問題を抱えて
いる国々までもがAIIBへの参加を決定しました。

もちろん、アメリカは参加しないよう説得してきたのですが、
AIIBの中身とは別問題として、中国にしてやられたという感じ
です。



とはいえ、いずれ途上国の人たちもわかってきて、脱退の方向
へ進むでしょう。

なぜなら、業者選定に中国企業以外を選択できる余地などあろ
うはずもなく、地元の人を雇わないで中国人が押し寄せてくる
からです。アフリカ各地では前例が多々ありますからね。

財務基盤の点でも怪しげなAIIBへの参加は、慎重であるべき
でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:AIIB
posted by 子竜 螢 at 12:46| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

渋谷区の同性カップル条例

日本にもとうとうやってきたか、という条例が渋谷
区で可決制定されました。

同性のカップルを結婚に相当する関係と位置づけて
証明書を発行するというものです。

証明書の効力は不動産の賃貸契約や医療関係に効力
が及ぶとしていて、守らない業者は社名を公表する
という。



もちろん、条例よりも婚姻は男女と決めている民法
が優先されるので他の権利までは主張できないので
すが、ちょっと受け入れがたい感じがします。

いいえ、守らないからといって企業名を公表するの
はやりすぎでしょう。違法行為をしているわけでは
ありませんからね。

いや、企業としては公表してほしてかもね。うちは
健全な企業ですよと。



ともあれ、とうとう日本でも馬鹿な議論をするように
なったのかと考えさせられました。

同性のカップルが渋谷区へ押し寄せますからね。

もう若者の街というイメージじゃありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:同性婚
posted by 子竜 螢 at 13:27| Comment(2) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ISILの没落

人質殺害の動画をアップロードしたせいで、世界中の
反発を食らったのでしょう。

このところのISILからは脱走者が目立ち始めておりま
すし、ヨルダンとイラクの政府軍には連戦連敗のようで
各地の主要都市を失っています。



ISILが戦っているのは、世界有志連合他にもクルド自治
軍やヨルダンの反政府組織など、もはや味方をしてくれる
勢力はありません。

そして、イスラムのスンニ派最高指導者さえもが批難する
に及んでは、新たな戦闘員を確保してもそれ以上の人数が
戦闘で亡くなったり逃亡などで失っている状況です。



かつて北朝鮮が楽園でとの宣伝文句で日本人妻などを集め
ましたが、踊らされるのはもはやほんの少数です。

リビアなどでは善戦しているようですが、イラクやヨルダン
のほうが片付いたなら、そちらの壊滅も時間の問題でしょう
ね。

間違ってもテロ組織などに参加してはいけません。

末路は見えております。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ISIL
posted by 子竜 螢 at 14:01| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。