2015年04月03日

AIIBとはなにか

中国が主導しているAIIBに、世界各国が参加を表明して
おります。アジアインフラ投資銀行というものです。

日本はまだ検討中の段階なのですが、アメリカ主導のアジ
ア開発銀行では主要な立場にありますので、ライバルと
なるところへおいそれとは参加できません。



いずれもアジアの途上国に対してインフラ整備のための
貸付を行なう機関なのですが、性質は大きく違います。

日本が主導しているアジア開発銀行は、貸付審査が厳しい
代わりに、業者選定は自由にできます。

一方、中国主導のAIIBは審査が緩い代わりにインフラ整備
の業者は加盟国の中でしか選べない仕組みになっています。

つまり、審査では銀行と消費者金融の違いのようなものです
し、業者選定では互助会ですね。



AIIBの構想を打ち出してからの中国は、尖閣の問題をあまり
言わなくなりました。アジアのインフラ整備事業から日本を
締め出す準備が整ったからなのでしょう。

しかし、そう簡単に中国の思惑通りにはなりません。

なぜなら、審査の緩い貸付には希望が殺到する裏で、貸し倒れ
も頻繁に発生するからです。

そして、やはり無償供与のODAに頼らなくてはならない途上国
としては、ODAの分だけ入り込んでくる中国よりも日本のほう
を信頼しています。



現在、アジアでは韓国をはじめとして中国と領土問題を抱えて
いる国々までもがAIIBへの参加を決定しました。

もちろん、アメリカは参加しないよう説得してきたのですが、
AIIBの中身とは別問題として、中国にしてやられたという感じ
です。



とはいえ、いずれ途上国の人たちもわかってきて、脱退の方向
へ進むでしょう。

なぜなら、業者選定に中国企業以外を選択できる余地などあろ
うはずもなく、地元の人を雇わないで中国人が押し寄せてくる
からです。アフリカ各地では前例が多々ありますからね。

財務基盤の点でも怪しげなAIIBへの参加は、慎重であるべき
でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:AIIB
posted by 子竜 螢 at 12:46| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする