2015年05月03日

憲法記念日

5月3日は憲法記念日です。

半年前の11月3日の文化の日に制定されて、5月3日に
施行されました。あらゆる法律の原点が憲法です。



日本は正しい意味での三権分立ではありません。

司法・立法・行政のうち、立法と行政に同じ人が兼務
しているからで、大統領制にしませんと三権分立とい
う民主主義最大の利点を生かせません。

つまり、国会議員の中から首相を選ぶとしている憲法
は、内部矛盾を抱えているのです。



まあ、ちゃんとした行政をやってくれて国民が豊かで
幸せなら政治形態など何でもいいのですが、あえて形態
にこだわってみますと、憲法の精神が本当に生かされて
いるのかどうか、怪しいところは多々ありますよね。

まず、国会議員に立候補する際の供託金の額が、庶民
感覚ではありません。大政党だから立候補が可能で個人
は無理だとすると、参政権のうち投票権しか行使できま
せん。

また、一票の格差が問題となっているように、投票権す
ら小さなものになりつつあって、本当に民主主義の国
なのかと疑問に思うこともありますね。



とにかく、国民投票の対象を憲法改正論議だけではなく
幅を広げて民意を反映できるようにしてはどうかと思う
のですが、弊害もありそうで難しいところではあります。

憲法記念日というとすぐに法学者さんたちがテレビに出
て論議をするのですが、もっと主婦や若者などの民間の
意見を聞きたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本国憲法
posted by 子竜 螢 at 11:47| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする