2015年05月10日

ロシアは戦勝国なのか

モスクワの赤の広場で戦勝70周年の式典が催されました。

ウクライナとクリミアでの軍事紛争から経済制裁を受けて
いることで、多少なりとも違和感を感じています。


当時、ソビエト連邦は最終的には戦勝国として名を連ねた
ものの、東京裁判での立場は弱く、ほとんど意見が容れら
れませんでした。

なぜなら、ドイツから侵略を受けるまでのソ連は、どちら
かというとドイツ以上の侵略国だったからなのです。

東ポーランドの分割をドイツと画策したのをはじめとして
フィンランドから東カレリア地方の割譲を要求して戦い、
手に入れる間もなくバルト三国をも併合してしまいました。

また、大戦末期には日ソ不可侵条約に違反して満州や千島
列島に侵攻してきたのはご存知のとおりです。



以上のように、対ドイツ戦では被害者であり戦勝国ではあ
るけれども、そのほかの戦域については反対に侵略戦争を
仕掛け続けていたわけです。

赤の広場には最新鋭のT-14戦車やT-15重歩兵戦闘車など、
これ見よがしの示威パレードでした。

なにかと中国軍への関心ばかりなのですが、ロシアの脅威
にもあらためて再認識する必要がありそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:24| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする