2015年05月18日

どうなる維新の会

維新の絵が提唱していた大阪都構想が住民投票で秘訣され
ましたね。1万票ちょっとの差でしたから、惜しい戦いで
はあったのでしょう。

出口調査では賛否が半々だと伝えられていただけに、事前
の逆風から追い上げた感じにはなっていたのです。



敗れた橋下代表は、12月の市長任期満了をもって政界から
の引退を表明しましたし、江田代表も責任を取って代表を
辞任すると松井幹事長に申し入れました。

維新の会は国会では野党の第二党ですが、民主党と議席数
では大差がないだけに、維新の会の今後が注目されるとこ
ろです。

なにしろ、橋下氏の人気によって支えられてきた印象が
強いだけに、住民投票での敗北は痛手となりそうです。



あるサイトに、敗因はシルバー世代を考慮しなかったから
と記載されていました。

なるほど、高齢者は平穏な生活を望み大きな変化は望まな
いものですよね。

どうしても人口の多いシルバー世代には負けてしまうの
かもしれません。

ということは、国の諸制度だってそうなのでしょう。
政治改革が進まない理由もそうなのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 06:30| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする