2015年06月04日

MERSのパンデミック

またまた韓国がとんでもないことをやってくれましたね。

治療法が今のところないとされているMERSの感染者を、
隔離しているといいながらも野放し状態にしていたため
に、韓国国内で爆発的な感染の疑いが出てまいりました。



MERSという感染症は、咳などから空気感染するもので、
呼吸器に異常をもたらし、腎臓にも被害を与えて死に至る
きわめて致死率の高い感染症です。

なのに、疑いのある男性にゴルフをさせたり旅行にも行か
せたりで、そのために韓国国内だけでも100人近くが感染
したと見られています。

さらには、男性が旅行で使用した航空機の除染もしてお
らず、当の航空機は日本の空港にも着陸しているといい
ますから穏やかではありません。



最近の急激なドル高による経済対策ばかりに目を奪われ
ていたのか、韓国政府の対応には内外からの批判が殺到
している様子です。

今のところ日本人の感染は報告されておりませんが、もっ
とも近い隣国のことだけに、水際で阻止していただきたい
ものですね。



とはいえ、韓国に完璧を求めるのは無理な注文でしょう
から、日本の対応こそが重要です。

関空ではすでに検疫態勢が整っているとのことですが、
その他の空港ではどうなのでしょうか。

日本各地の地方空港でも韓国への直行便を運行していま
すからね。とても心配です。

怪しいと感じたなら、すぐに病院へ行くのではなく、前
もって電話で相談するようにしましょう。

さもないと、院内感染につながりますから、絶対に守る
ようにしてくださいね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:MERS
posted by 子竜 螢 at 23:19| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。