2015年06月29日

デフォルトが確定

ギリシアが発行していた国債が、6月30日の期限に
償還できないことが確定しました。

EUの会議で、ギリシアの返済計画案が各国に拒否さ
れた上、7月6日の国民投票でEUの提案を受け入れる
かどうかを今になって問うことになったからです。



現在、ギリシア国内のすべての銀行が閉店している
のですが、預金者が降ろそうと殺到するのが目に見
えていますので仕方がないのかもしれません。

しかし、異常事態には違いなく、どういう形で決着
するのでしょうか。



影響は日本にも出ておりまして、日経平均株価がな
んと600円も下落しました。

世界同時株安という恐慌に陥る懸念すら囁かれてお
りますので、対岸の火事では済まされないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ギリシア
posted by 子竜 螢 at 18:40| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする