2015年06月30日

お金がない

高度成長時代とバブル期に比べると、最近の政治家
さんたちがやけに小粒に思えますね。

それもそのはずで、まだ国債の発行残高が少なかっ
た頃には先のことも考えずにいくらでも発行できま
したから、思うように政策を実現できたわけです。



しかし、今は国も地方も財源不足です。何かをやろ
うとしても財源の確保が難しくてできません。

しかも、少子高齢化による社会保障費の負担が増え
るばかりで、何もできないのです。



かといって、個人レベルでも収入が増えずに増税や
生活物資の値上がりなど、充分な貯蓄をする余裕な
どなくなってきました。

ということは、国から個人に至るまでお金がない状
態なわけでして、いったい何処にあるのでしょうか。

それは企業の内部留保だったり、富裕老人などの一
部の人たちが保有しているのです。



税という制度は富の再分配なのですが、うまく機能
していませんね。内部留保の多い企業にまで法人減
税をしたり特別な優遇税制を適用しています。

なにかおかしいと感じるのは子竜だけでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:財政破綻
posted by 子竜 螢 at 13:48| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする