2015年07月06日

ノーの選択でどうなるのか

ギリシアの国民投票で、EU側が示した財政再建案に国民
がノーという意思を投じました。

国民にとってはかなりの苦しい生活を強いられるため、
予想されていたことではありますが、それでもEUからの
支援を受け続けられるとは考えにくいため、20日が期限
の債務返済がデフォルトするのは確実でしょう。



日本も似たような財政収支でありますが、ギリシアと違
う点は、国の負債が国民の資産であることです。

他国から借金しているギリシアと日本とでは、基盤がそ
もそも違いますからね。ギリシアの破綻をもって日本の
未来を同じに考えることはできません。

しかし、ギリシア問題が日本の経済に与える影響は、思
いの他大きなことがわかりました。

先日も、株価が600円も下がりましたし、今回の国民投
票の結果でも、円が2円近くも値上がりしております。

無関係ではないということです。



最近、ギリシアの首相はロシアとの関係強化に動いてい
ますね。EU側の支援が途絶えたならどうなることやら。
地中海にロシアの軍港ができますと、勢力図が塗り替え
られてしまいます。

ギリシア問題に対するアメリカのコメントがほとんどな
いのも不気味ではあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ギリシア
posted by 子竜 螢 at 10:14| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。