2015年07月07日

14歳の挑戦とは

昨日、高岡市内で唯一のデパートへ行きましたところ、
制服姿の中学生たちが働いておりました。

店員さんから説明を受けたり掃除をしたり、とにかく
忙しそうに動いている姿は初々しくて好感が持てまし
たね。



ずっと以前から高岡市が取り組んでいる公立中学校の
イベントなのですが、2年生に職場体験をさせるという
ものです。

企業によっては夏休み中に親の職場を見学させるとい
う企画があるのですが、もっと深く踏み込んで、大人
の苦労を知ってもらい、親への感謝につなげようとい
う企画なのでしょう。

子竜の年代にはありませんでしたが、とてもいいこと
だと思いますよ。



バイト代が出るのかどうかまでは知りませんが、将来
ニートにならない予防としても効果的なのではないで
しょうか。

頑張って、と声を掛けますと元気に、ハイ、と返って
きました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:14歳の挑戦
posted by 子竜 螢 at 11:10| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする