2015年07月15日

捨てる!

名古屋のゴミ屋敷がなかなかの人気名ようでして、隠れた
観光スポット同然に、訪れた人が写メするところがテレビ
ニュースで報じられておりました。

付近の住民もさることながら、これから本格的な夏を迎え
る異臭対策に、自治体も頭を悩ませていることでしょう。



法律論でいいますと、家屋内には違法な物じゃない限り、
何を保持していても罰せられることはありません。

また、すべては動産という所有者の財産ですので、他人が
勝手に処分することもできないわけです。

そこで、各自治体が発令している迷惑条例なるものが有効
になってくるわけなのですが、異臭がかなり凄まじいなど
の理由がない限り、行政も口出しできません。



最近、引越しして思ったことがあります。

自治体指定のゴミ袋を50枚買ってから引越し作業に臨んだ
のですが、最終的にはそれで足りず、10枚追加となりました。

家庭用のゴミ袋が60個ですよ。子竜のところも相当なゴミ
屋敷だったのかもしれませんね。

おかげさまでスッキリしたのですが、まだまだ捨てられない
物は多いです。

そのために、大きな間取りのマンションを選ぶしかなく、
毎月高い家賃を払うことになるのです。

もしも身の回り品だけなのでしたら、家賃2万円ほどのワン
ルームで充分なんですよね。



整理するのも大切ですが、思い切って捨てるのも重要なの
です。

一年以上使っていないものは、今後も使う可能性は低いと
みて、思い切って処分したほうがいいでしょう。

ちなみに、名古屋のゴミ屋敷の住人は、捨てるどころか、
資源回収の日にめぼしい物を持ち帰ってくるそうです。

それは厳密に言いますと窃盗罪に当たる行為なのですが、
ゴミ屋敷になるのも当たり前ですよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ゴミ屋敷
posted by 子竜 螢 at 06:34| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。