2015年07月28日

10増10減案は解決じゃない

一票の格差は、個人的には関係ないと考えています。

その地域内にて格差が生じているならともかく、皆
同じ条件下での選挙ですので、都心部と地方の過疎
地を同列に並べての論議は無意味だと思いますね。

議員というのは地域代表としての性質もあるわけで
各都道府県に最低一人は必要でしょう。



とはいえ、裁判所が違憲と判断しているのですから
是正しなくてはいけません。

そこで、来年夏に実施される参議院選挙に向けて、
浮上してきた改革案が10増10減案です。



なるほど、たしかにギリギリのところで格差は合憲
の範囲に収まっていますね。

しかし、騙されはしません。

消費増税をする条件として、政治家が身を削ること
が前提だったではありませんか。

10増10減では定数は同じです。思い切って議員定数
を半分に減らすくらいの改革案を見せていただきたい
ものです。



もちろん、衆議院も同じです。

ほとんどの国会議員が採決のためだけの人員なのです
から、選抜高校野球の出場校数くらいで充分でしょう。

高校野球にも不公平感はあるにせよ、あまり騒ぎには
なっていませんから、ちょうど良い数なのです。

組閣には民間人を積極的に採用しましょう。



あるいは、欧州各国のように、都道府県知事や大都市
の首長が兼任すればいい。

いや、役割そのものが明確ではない参議院を廃止する
ための憲法改正を行いましょう。

とにかく、こんなに大勢の国会議員はいりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:一票の格差
posted by 子竜 螢 at 08:56| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする