2015年07月31日

中国株再びの暴落

中国株がまたまた暴落しましたね。

中国当局は投売りした者を摘発する構えですが、
力ずくで株価を安定させようというのは、もはや
健全な市場とはいえません。

要するに、中国当局による賭場ですね。



ですので、入獄株の暴落を受けても日経平均は1
パーセントしか下落しませんでした。

これは自然な価格変動の範囲であって、日本の市場
には何のエス今日もなかったと言えるでしょう。

すなわち、他に影響を与え得ないほどに中国経済が
世界から孤立してしまったことを意味しています。



こうなりますと、中国主導のアジアインフラ投資銀行
の先行きも目に見えておりまして、貸出先は中国の
破綻寸前企業ばかりとなるでしょう。

それほどに、株価の暴落は中国国内だけに留まる打撃
をもたらし、このままではバブルの本格崩壊も秒読み
段階でしょうね。

間違っても今は中国との経済的なかかわりを持つべき
ではありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:中国株
posted by 子竜 螢 at 15:10| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。