2015年08月11日

謝罪したがる人々

安部総理がどうするつもりなのかは知りませんが、戦後
70年という節目に向けて、歴史談話を期待する声が高まっ
ていますね。

しかし、なぜか近隣諸国への謝罪を盛り込むよう期待す
る声が高いように感じます。



ああ、ごめんね、で、他に何か?

こんな感じの謝罪を言っているのではありますまい。

謝罪とは必ず経済的な償いを伴うもので、本気で謝罪する
ことを考えるなら、大幅な増税を覚悟してから言ってほし
いものです。

いいえ、謝罪をするよう述べている人たちは、決して竹島
の返還問題には触れませんよね。

日本国民だという意識はないのでしょうか。



仮に、百歩譲って日本が全面的に悪いとしても、今の現役
世代に何の責任があるというのでしょうか。

日本国民のほとんどは、戦後生まれか戦争当時は子供だっ
た人たちなのです。戦争に関連した一切の責任などありま
せん。

被害者だと訴えている国の人たちも同じでしょう。



豊臣秀吉は、朝鮮に派兵しました。

しかし、その400年も前には、モンゴルの手先として朝鮮
軍が日本へ攻め寄せています。

大和朝廷の頃にも、日本軍と朝鮮の各国との戦いが何度か
ありました。

でも、それらは済んでしまったこと。現役世代にとっては
第二次世界大戦のことも含めて、もう歴史でしかないのです。
ずっと昔のことなのです。



でも、竹島は占領されたままです。今もです。

徳川家康が李王朝と交わした条約では、鬱陵島が独島のことで
それ以外は日本の領土だと取り決めをしました。

謝罪よりも、竹島の返還要求のほうが筋というものでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦後70年談話
posted by 子竜 螢 at 08:32| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

大学進学は必要なのか

大学生による就職活動で、そろそろ内定が出始める頃
ですが、多くの大企業は就職に大卒が必須項目となって
いるようでして、高卒では受験資格も与えられません。

しかし、大学進学には大きな経済負担を伴います。



下宿の費用も含めて考えたとき、大学進学は果たして
費用に見合うだけの価値があるのでしょうか。

それを考えてみたいと思います。



男子でいえば、今や進学する人のほうが多いでしょう。
普通科の高校ばかりではなく、商業高校や工業高校から
の進学率は就職率を上回っています。

もちろん、医学部や薬学部のように、特定の大学を卒業
しないと国家試験の受験資格すら与えられない例もあり
ますが、民間企業が本当に大卒者の就職を望んでいるの
かといえば、そうでもない気がしますね。

ズバ抜けた頭脳を必要とする職種なんて、限られている
からです。



とはいえ、大学への進学を否定しているのではなく、無
目的に進学しようとする人に考えていただきたいのです。

経済的な無理をして、奨学金という借金までして進学する
価値があるかどうかをね。

ただ大学へ行きたい、ではなく、将来はこういう職業に就
きたいという目的があってこその進学ではないでしょうか。



就職活動に難航する多くの大学生は、おそらく無目的に
進学したからではないかと思います。卒業時の経済情勢
ばかりが難航する原因ではありますまい。

そもそも、義務教育を終える15歳の段階で、将来の目標
が決まっていないなんて、おかしいと思いますよ。

昔の人はみんな、丁稚に行ったりして、目指すものを持っ
ていたのですから、とりあえず大学に進学してから考える
なんて、遅いから就職難にぶつかるのではないでしょうか。



企業側にも、中卒や高卒を積極的に受け入れる姿勢がほしい
ところです。

大学進学がどうしても必要とあらば、個人の経済負担ではな
くて、企業が負担する形でもよいのではありませんか。

そのほうが会社への忠誠心の篤い優秀な人材が育つ気がします。
優秀な人材を求めるのではなくて、育てるのが企業というもの
でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大学
posted by 子竜 螢 at 11:27| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

ツクツクボウシ

連日暑さが続いていますね。

天気図を見ますと、太平洋高気圧が頑張っていて、
二ヶ月ほど前の長期予報に反して、長く暑い夏に
なりそうです。



ところが、セミの鳴き声に混ざって、ツクツクボ
ウシの独特な歌声が聞こえてくるようになりまし
た。

夏がもうすぐ終わる気配なのでしょうか。

いやいや、今年の夏は甘くないですよね。歳を重
ねたせいもあって、今年はエアコンに頼っています。



生ビールも最高に美味しいのですが、飲みすぎには
注意です。

冷たい麺類と生ビールだけになってしまいがちで
すので、どうか健康にはご留意を。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:季節
posted by 子竜 螢 at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

高校野球100年

高校野球の全国大会が、今年で百年目を迎えました。

始球式には王貞治氏を起用するなど、なかなかの企画
でしたね。


ただ、心配なのは、100年前に比べて格段に上がった
気温です。

マウンドの気温が何度なのかは知りませんが、涼しく
ないことだけは確かでしょう。

とはいえ、意外に知られていないようですが、ベンチ
にはエアコンが完備されておりまして、攻撃中に打順
の来ない選手は涼めるのです。

なので、守備時間が長くなったほうが不利ともいえま
すね。


それよりも大変なのは、観客、よりも応援団と吹奏楽
部員でしょう。

エアコンも日陰もなく、日傘も差せません。

熱中症にならないよう、それでも熱い応援を期待します。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:高校野球
posted by 子竜 螢 at 17:50| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

アメリカが核兵器を使用した理由

広島で平和祈念際が催されました。

ケネディ駐日大使も昨年に続いて参列され、過去の
戦争の中でももっとも悲惨な原子爆弾の使用につい
て、あらためて考える機会となりました。



戦争継続能力がほとんど失われていた日本に対して
アメリカはなぜ原爆の使用に踏み切ったのでしょうか。

それについては諸説ありますが、子竜はアメリカによ
る日本軍への過大評価だったように思います。

それまでの各地での戦闘で、日本兵は粗末な装備と
充分ではない補給の下でも、果敢に戦ってアメリカ
軍を苦しめました。

それが、日本という国を降伏させるには、さらなる
アメリカ青年たちの犠牲が必要との過大評価へとつ
ながったのだろうと思うのです。

しかし、実際には、石油をはじめとする戦略物資の
ほとんどが南方から輸送できなくなり、自滅は時間
の問題でした。



いや、アメリカ側も多分知っていたでしょう。

でも、日本の自然崩壊を待つ暇がなかったのです。

なぜなら、ルーズベルト大統領の頃にソ連の参戦を
促してしまったからで、アジア極東の全域がソ連領
となるのを防ぐためにも、トルーマン大統領は威力
のある新兵器の存在をアピールしておく必要があり
ました。



ともあれ、それから70年。

今でも被爆の後遺症に悩む人たちがいます。

原爆だけではなく、空襲によって数多くの民間人が
亡くなられました。

唯一の被爆国である日本こそ、世界に向けて核兵器
の廃絶を求めていかなくてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:原子爆弾
posted by 子竜 螢 at 15:11| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

君が代の君とは誰のことか

久しぶりにネットサーフィンをしていたら、君が代の
歌詞に触れているサイトを発見しました。

サイトによりますと、君が代の君が天皇のことを意味
する証拠が見つかったと報じていたのです。



証拠として挙げられていたのは、明治維新後に国歌の
制定に寄与したドイツ人の手記がそのひとつでした。

君がカイザー、すなわち皇帝の意味だと記しているの
です。

子竜はこれに真っ向から反対したいと思います。



まず、ヨーロッパ各国の国歌では、国王を讃えるもの
が一般的であって、日本の国歌もそうだろうと勘違い
した可能性が大きいことです。

次に、

歌詞の原文は古今和歌集にあり、恋文だとする定説
はすでに定着しております。

また、大伴家持が詠った「海ゆかば」では、天皇のこ
とは君ではなく、大君(おおきみ)と表現されておりま
すから、それよりもあとの古今和歌集の解釈は恋文で
間違いないところでしょう。



戦時中のことですが、気軽に相手のことを君と呼ぶ
慣習はすでに定着しておりましたから、天皇のことを
君などと呼べば即刻憲兵隊がやってきたことでしょう。

君と大君は対象が違うのです。



しかし、百歩譲って君が天皇を意味しているとしてで
すが、それの何が問題なのでしょうかね。

君が代の唱和を拒否する教師さんたちは、憲法に明記
されている、国民の象徴を讃える気持ちすらないので
しょうか。

なければ、日本国民じゃありませんよ。

こういう人たちに限って、安保法制では憲法を護れと
声高に叫んでいるのですから、支離滅裂です。



国歌の斉唱を拒否したいなら、斉唱せずに済む職業を
自由に選択すべきです。

これも、憲法に謳ってあることです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:君が代
posted by 子竜 螢 at 11:00| Comment(7) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

花火大会

昨晩は高岡市の納涼花火大会でした。

新居からは会場にとても近くて、歩いて10分という
手軽さで堪能させていただきました。



そういえば、全国にも有名な長岡市の花火大会も昨
晩でしたね。

土地ごとのいろんな特色を生かし、花火職人さんた
ちの腕を存分に披露していただきました。

また来年もお願いします。



花火大会には、大戦で亡くなられた人への追悼とい
う意味もあったようですが、季節の風物詩として欠
かせないイベントになっています。

子供の頃、水の入ったバケツを囲んで花火をしたも
のですが、最近はあまり見かけませんね。

線香花火の持ちの長さを競ったのが、とても懐かしい。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:花火
posted by 子竜 螢 at 20:00| Comment(2) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

枝葉末節にとらわれている民主党

民主党が政権を担っていたなんて、今にして思うと信じ
られない遠い昔のような感じがします。

なぜなら、どうでもよいことを穿りまわし、最大野党の
特色など少しも見えなくなったからです。



総理大臣補佐官だった磯崎氏の参考人招致なんて、安保
法制の本質とは何の関係もないことです。

氏が何を述べたにせよ、安部総理の言動こそを問題にす
べきであって、ただの相談役を追い詰めたところで得る
ものはないでしょう。



こんなことでは、再び政権なんて夢のまた夢。

政権当時は人数だけが多くて人材がいなかった弱点を、
今もそのまま引きずっているのですね。

野党再編があるとすれば解党しかない政党でしょう。
中心核となるにはいささか頼りない感じがします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:参考人招致
posted by 子竜 螢 at 10:51| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

日本国憲法に反対していた日本共産党

日本共産党は、自公政権が提案した安保法制に対して
憲法違反との立場で反対しています。

日本国憲法第九条の主旨を厳守すべきと叫んでいるわ
けなのですが、意外にも、日本国憲法の制定に真っ向
うから反対していた歴史がありました。



当時、共産党の野坂議員が、制定反対の立場で国会質
問をしています。

アメリカによる押し付け憲法案は容認できない、と。

ところが、今ではそま憲法を守れと述べているのです。



日本共産党の政策変貌を問題にしたいのではありません。

価値観というものが、時代と共に変わるものなのだ、と
いう認識が必要だと思うのです。

日本共産党が自衛隊を認めて日本国憲法を受け入れたの
は、朝鮮戦争の勃発がきっかけでした。

日本たんどくて国土と国民を守れる軍備はなく、現実を
受け入れたのですが、それにしては集団的自衛権の行使
に反対していますので、矛盾を感じてしまいます。



要するに、自民党の案なら何でも反対なのでしょう。

真の野党の不在感があるだけに、党名変更の問題も含め
て、存在意義を考えていただきたいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本共産党
posted by 子竜 螢 at 21:37| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

もうひとつの懸念

猛暑が続いていますね。35度を超えるのが今では
当たり前のようになってしまいました。

でも、温暖化のせいじゃなくて、道路も建物もコ
ンクリート製になったり、エアコンの室外機から
出る熱風のせいなのです。

東京都が排出する熱が海風に乗り、埼玉県の熊谷
市あたりを襲うので、同地域が全国で一番暑い場所
となりやすいのです。



ところで、こういう暑さから、東京オリンピックに
はもうひとつの懸念材料となってきました。

開会式が7月25日、閉会式は8月9日の予定なのですが、
5年後が今よりずっと涼しいとは考えられませんから
水泳以外の競技を事故なく実施できるのでしょうか。

テレビで久米宏がさかんに時期をずらせと叫んでいた
のは理解できますね。



とくにマラソンは、完走者がいないほどになるかもし
れませんよ。

室内競技でも、バドミントンはエアコンを運転できな
いので観戦者も熱中症になりやすいですし、汗で床が
すべる珍プレー続出かもしれません。



また、この時期は高校野球の地方大会と、甲子園大会
が始まる期間でもあります。

NHKはどちらを放送するのでしょうかね。

やっぱり、10月10日の開会式がいいと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 07:16| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

五輪エンブレムの類似問題

国立競技場の建設問題がなんとか解決の方向へと
向かった矢先に、またまた問題発生です。

イメージロゴがベルギーの劇場のエンブレムと酷
似している点が指摘されました。



ネット上では、変更すべきか否かについて、両論
が渦巻いていますね。

それにしても、デザイン選定の段階で、調査不足
だったのは競技場と同じです。たとえ偶然の類似
であったとしても、盗作と疑われ続けるのは心外
でしょうし、大会のイメージも損ねます。

選考の段階で調査不足だった責任は重いですよ。

このままでは、パクリの名人である隣国と同様に
見られてしまうでしょう。

このままで問題ない、などと済ませるのではなく
類似しているのは確かなのですから、後発のデザ
インを変更するのが先発デザイナーへの礼儀とい
うものです。


とにかく、問題が次々と明るみに出てきます。

平昌・東京・北京と、夏冬合わせてアジアで連続
開催されるのですから、スッキリとした形で開催
に漕ぎつけていただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:00| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする